注意事項
本HPは「統合医療」に関して、その概念および実際を紹介することを目的とするものであり、個別の疾患や診療内容の相談には応じかねます。また、内容に関しても、実際に個人の判断で適応した際のあらゆる責任は負いかねます。実際の診療に関する事項は、医師にご相談の上、施行されることをお勧めします。
小池統合医療クリニックへ

2016年12月08日

多様な療法との付き合い方(1)

Gノート 付説「多様な療法とのつきあい方」

 では前回、予告しましたように元原稿を分割しながら掲載していきます。編集の方が読みやすいようにしてくれたのが出版されたものですので、それの「元」ですから当然、言い回しなどいろいろと読みにくところがあると思いますが、ご容赦ください。



Point

・統合医療の要諦は多職種連携にある

・統合医療は補完医療に対して否定的側面も有する

・統合医療カンファレンスでは、現代医療的な注意を払いつつ、多元的な構えが重要である

・多様な療法とのつきあいにおいては、多元的な立場に基づいて相互了解していかなければならない

・「真なるもの」を前提としない多元主義は、多職種連携の思想的基盤である

 

Keyword

カンファレンス 多職種連携 信念対立 多元主義

 

1.はじめに

 

医師が補完医療を考えるにあたって、「統合医療」という概念を抜きにしては考えられません。統合医療とは、我々医師が通常イメージする現代医療に加えて、補完医療を統合した医療体系です。すると、ただでさえ広範な現代医療に、さらに雑多な補完医療を加え、莫大な領域の医療であるかのような印象を与えてしまいますが、統合医療とは決してそのような博物学的知識の集成ではありません。

さらに、具体的な補完医療に対して何一つ知識を持ち合わせていなかったとしても、問題ないものなのです。ではその意義とは何なのでしょうか。私は、「多職種連携」がその答えであると考えています1)

 本稿では統合医療という分野において、その基礎となる多様な補完的な療法、ならびにそれを扱う療法士(師)との在り方(距離の取り方?)を考えてみたいと思います。そしてさらには、こうしたつきあいの在り方が、医師が最も優先させるべき「患者さんの保護」につながるものであることも述べてみたいと思います。


2016年12月07日

Gノート

Gノート発売されました。

 これまで統合医療の本というと、いわゆる代替医療の科学的検証や、統合医療やホリスティック医療の理想像、さらには過度に医療におけるスピリチュアリズムを強調するものがほとんどだったのですが、今回の特集はかなりそれらとは雰囲気が異なるものになっています。

 まず一番の特徴は、総合診療に関心のある医師たちを対象にしているという点です。 過度に専門性にこだわる従来の領域の医師ではなく、実際に地域に根付いた臨床医が対象だということです。彼らの最大の特徴が実践性を重んじること、つまりプラグマティックであるということ。こうした視点を共有している医師たちにどのようにこの特集が映るのか、とても興味深いです。

 出版社からも、かなり批判的な医師たちにも共感できるような内容を、というような注文がついていたのですが、それがどこまで実現できているかは、反響をみてみないと何とも言えませんね。

 ただし、わかりやすく、とはいうものの、間違った内容ではいけない。文言の使い方や言い回しには、今回は随分と気を遣いました。また、統合医療という概念自体が、完全に一致したものではない昨今、論者によるこの医学の解釈や立場の違いもこうした特集の難しさとして浮上してきました。

 いずれにせよ、統合医療学会に比べるとかなり若手の論客が集った感がある特集ですので、皆さんの感想が楽しみです。


 私はこの特集でも述べたように、統合医療の要(かなめ)は多元主義にあると考え、その総括的な内容を、今月の統合医療学会にて発表する予定です。医学哲学・倫理学会での討論を踏まえて、リニューアルした内容ですので、こうしたことに関心のある方は、ぜひ学会当日に議論できたらと思います。

 次回から、実は今回の特集で、当初提出した原稿があったのですが、大幅修正し掲載されているのですが、そのもととなる原稿をこのブログ内で公開していこうと思います。
 ご興味ある方は、ぜひ相違点なども気にしながら読んでいただければ幸いです。



 

2016年12月04日

ワールドカフェ

昨日は、ケアカフェ新宿に参加してきました。

ワールドカフェ形式の対話により、「心くばり」という意味を考えるという内容でした。

ジャングルカンファレンスとはまた違う形で、とても勉強になりました。


 
tougouiryo at 11:42|この記事のURLComments(0)