注意事項
本HPは「統合医療」に関して、その概念および実際を紹介することを目的とするものであり、個別の疾患や診療内容の相談には応じかねます。また、内容に関しても、実際に個人の判断で適応した際のあらゆる責任は負いかねます。実際の診療に関する事項は、医師にご相談の上、施行されることをお勧めします。
小池統合医療クリニックへ

2018年04月29日

代謝の勉強会

 週末は日本大学大学院の哲学専攻のOB/OGによる哲学勉強会でした。かつて定期的に開催されていたのですが、一度休止になり、新たな形式で再開となりました。
 診療の関係でなかなか参加できないのですが、今回は都合がついたので久々の参加です。指導教官の先生とも卒業以来なので、修士論文を改変して出版した『統合医療の哲学』をやっとお渡しすることが出来ました。また、同級の方々ともお会いすることが出来、とても新鮮なひと時でした。



 今年の一月から半クローズドで、代謝の勉強会を開催しています。一連のジャングルカンファレンスとはまた別個の形ですが、現代医療の勉強と、統合医療の在り方を考える会にしようと思い開催したのですが、代謝についてがなかなか手ごたえがあり、実際、代謝の勉強会みたいになっています。
 ただしただの代謝過程を追うものではなく、代謝と栄養、生理学、病理学などと関係づけて進んでいこうと思います。現在は栄養学とリンクさせて進行しており、はやりのニュートリゲノミクス的な内容も入れ、遺伝学との関連も意識しております。かつては遺伝子というとかなり固定的にとらえられることが多かったと思いますが、現在ではエピジェネティクスの視点により、可変的なイメージへと変換しつつあります。運命的なものが、栄養や生き方のような介入により変化しうるという躍動感あるイメージですね。
 勉強会は栄養が一区切りついたので、次回からは病理学分野に少しずつ入っていきたいと思います。テキストは以下のものを参加者の方々とみていきたいと思います。今回は関係者への連絡内容みたいになってしまいましたが、ご興味あるかたは是非参考にしてみてください。






2018年04月03日

半年ぶりの更新ですm(__)m

 こちらをご覧の皆様、ご無沙汰しております。

 昨年の統合医療学会の前に、バタバタと更新して以来、約半年ぶりの更新となってしまいました。この間、日本統合医療センター(JIMC)のHPなどいろいろ改訂してありますので(薄毛刺絡のHPなど)ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、とにかくこちらを完全に放置してしまい、申し訳ございませんでした。

 昨年、有明医療大学での統合医療学会ではおよそ20演題をジャングルカンファレンスから出したのですが、今年も場所が札幌ではありますが、15くらいは行きそうな感じです。本年はこれに先立つ「多元医療研究会」での発表の結果、学会発表可能と判断した演題を提出する予定です。今年の多元医療研究会は5月13日、代々木のウィルワンアカデミーで開催予定です。詳しい時間などはジャングルカンファレンスのHPにて告知いたしますので、そちらをご覧ください。

 昨年は、クリニックの10周年祝賀会も開催でき、理論面では、統合医療の哲学として多元主義とプラグマティズムを用いて理論的基盤を出版することが出来ました。また、この理論を受け、実際のカンファレンスの様子も実践編として出版出来ました。
 本年は、こうした理論の2本柱がどのように実際のクリニックの臨床に活かされていくかをご紹介していきたいと思います。具体的にはプラグマティズムから導き出される「進化理論」に基づいたものになりそうです。多元主義から展開するプラグマティックメディスンは、その表現を変えると「進化医療」といってもよい形態になると考えております。気になる方は、またぼちぼちこちらにお立ちよりくださいませ。




 

2017年11月24日

明日から統合医療学会です

 ジャングルカンファレンスの理論編と実践編ともに、アマゾンにて発売中です。が、理論編は品切れ、実践編はあと2つくらいと品薄状態です。
 ご希望の方がありましたら、クリニックにてもご注文をお受けしておりますので、直接お電話にてお問い合わせください。

 週末は、有明にて統合医療学会です。かつての上司、現有明医療大学教授の川嶋朗先生が大会長で、東京有明医療大学にて開催されます。
 これまでは山口、仙台と遠方だったため、演題を出せなかったジャングルカンファレンスのメンバーも今回は東京ということで、多数応募してくれましたので、たくさんの演題がうちから出ております。

 まず私は、土曜日は、座長として一般演題(伝統医療)に加え、16:30〜ワークショップ(ホメオパシー)で、『ホメオパシーが紡ぎだす統合医療の哲学』と題して、ホメオパシーをめぐる問題点から、統合医療の哲学的基礎を考えていきます。

 さらにジャングルカンファレンスメンバーからは以下の演題が発表されます。我々の日頃の成果を是非とも生でお聞きにいらしてください!(発表者のみ記載しておきます)

11月25日(土曜日)

口演(社会医学)
石橋明博先生 『電磁波(低周波)の実測とアーシングによる低減対策を行った一例』
中村あづさ先生 『ジャングルカンファレンスを長岡で実施してのアンケート調査』
山本広高先生 『ジャングルカンファレンスとフューチャーセッションの比較と考察』

口演(鍼灸)
佐治良一先生『鍼灸・手技療法(トリガーポイント・オイルマッサージ)による逆子改善の複合的アプローチの検討』

ポスター(その他)
松井弘樹先生『チーム医療の場としてのジャングルカンファレンスの有用性の検討』

ポスター(アロマセラピー)
木村沙織先生『温熱療法を用いた独自のリンパマッサージにより肥満改善が著効した一症例』
川浪さくら先生『アトピーカウンセリングが医師と連携することの必要性』
三村博子先生『多職種連携による妊活プログラム「パーチェプログラム」の実施報告』

11月26日(日曜日)

口演(音楽療法その他)
渡辺光理先生『EEGバイオフィードバック療法を応用したリラクゼーション法の研究』

ポスター(徒手療法1)
広江洋一先生『股関節唇損傷と診断されたバレリーナがモルフォセラピーによって疼痛改善された一症例』
小林隼人先生『モルフォセラピーによる股関節痛が改善した一症例』
大塚典臣先生『モルフォセラピーを用いて上肢の倦怠感と関節痛の軽減に対する一症例』
駒井政一先生『モーターポイントを利用した筋弛緩法の有効性を示す一例』

ポスター(徒手療法2)
佐藤明美先生『美容矯正は機能性矯正として有効である』
木村香織先生『GKクリームを用いたマッサージによるリンパの流れの改善が示唆された一例』

ポスター(鍼灸1)
神田浩士先生『膝痛のある高齢者に対する非侵襲式鍼用器具を用いた鍼灸マッサージの相乗効果について』
ポスター(鍼灸2)
川人知美先生『乳がん治療後に発症した硬結を認めない腰痛に対して鍼灸古典理論により改善した一症例』
ポスター(オゾンその他)
奧山絹子先生『頭痛を主訴とした女性へのブレスストレッチの活用』