注意事項
本HPは「統合医療」に関して、その概念および実際を紹介することを目的とするものであり、個別の疾患や診療内容の相談には応じかねます。また、内容に関しても、実際に個人の判断で適応した際のあらゆる責任は負いかねます。実際の診療に関する事項は、医師にご相談の上、施行されることをお勧めします。
小池統合医療クリニックへ

2017年02月24日

4つのイズムと確率統計に関するメモ

 長沼先生の記事と、先週末のフューチャーセッションとのコラボから思いついたことの個人的なメモみたいなものですので、ご興味ない方はスルーを。
 
 日曜日に久々に、教条・折衷・統合・多元の4つのイズムについて解説していて気付いたこと。この4つは2つの軸により分類可能であるという点。

 一つの軸は究極的な構成要素の個数について。つまり最終的な構成要素が「一」なのか「多」なのか、という点で分類可能であるということで、教条・統合は、共にその究極的な要素は「一」。対する折衷・多元 は、当然究極的にも「多」となる。

 もう一つの軸は、現時点での「真理(確信といってもよいかもしれない)の有無」について。「有」に関しては、たった一つの真理しか認めないのが「教条」で、複数の真理を認めるものが「多元」。反対に「無」に関しては(換言すれば現時点で真理ないしは確信が無い場合)、たった一つに収束するだろうが現段階での真理がない「統合」と、要素は複数あるものの各々に、真理ないしは確信とでも呼べるものがない「折衷」ということになる。

 つまりまとめると、
一つの軸に   <構成要素数:「一」⇔「多」>
もう一つの軸に <真理・確信:「無」⇔「有」>
・・・ということになる。

この2軸を直交させれば、結果として4つの象限に分かれ、4つのイズムを分類することが可能になる。

 こうした分類を参考にすると、これまでの統合と多元との比較・対立の構図が見やすくなる。つまりそれは、「一」と「多」の対立そのものであったということになる。


 ここで、今考えている医療における確率・統計の意義についての考察のメモ。
 確率統計分野における問題の根底に横たわる「正規分布」というものの解釈について、正しい中間としての「平均」が存在するとすれば、それ以外つまりその周辺は「誤差」ということになる。誤差論から、考えるとこのようになり、いつしかその平均が「善」で、そこからの逸脱が「悪」としての疾病といった考えに転化しうる。(現にケトレは誤差論から、平均人という概念に至っている)
 一方、人間の諸特徴などは、さまざまな要因が重なって(いくつもの分布が重なって)結果として、正規分布に近いものとなることが多い、と考えられる。そしてこれを、長沼伸一郎は『経済数学の直観的方法』において「造物主のベルトコンベアー」によると表現している。そしてさらに、こうしたイメージは、ガウスらによる確率統計学の草創期には、おそらく共有されていたであろうと推測している。つまりこれを敷衍すると、体系の草創期には、前述した「平均人」がもつような善悪の概念は内包されていなかったことが推測される。
 平たく言えば、「みんないろいろあってそれでよい」だったはずが、そこに「良い悪い」が知らぬ間に導入されてしまったことになる。(ハッキングはこれをケトレに起因させている)そしてこうした問題の底流にも、「一と多」の問題があるように思う。
 現代の医学の大きなバックボーンでもある確率統計という一見中立な体系をみるときにも、知らぬ間にこうしたバイアスが存在してしまうのではないかということである。

 こうした議論を詰めていけば、所謂、代替医療が駆逐されることへの反論も可能になるし、「統合医療に科学の光を」といった論調の狭小さがより明確になると思う。正規分布において、その中心部に真理を見るか、万物の散らばり加減に普遍性を見るかの違いであり、散らばりは切られるべき存在であるとは限らず、多様性として評価しうるものでもあるという視点の提供ともみえることになる。
 小さくマイナーな療法であっても、多様性を希求する全体にとっては、無駄なものではない。身体という未知なるものの探究においては、一つの可能性を提供するものとみることができるのである。
 
 

2017年02月23日

17年程前のこと

 先日の日曜日は、渋谷区のIFspaceにて、ジャングルカンファレンスとフューチャーセッションとのコラボ企画を開催しました。
 これまでの通常版のJCとは異なり、初心者の方にもなぜJCなのか、ということが解りやすかったのではないかと思います。
 またいつも木曜日開催ですので、お仕事の都合で参加出来なかった方も、日曜午前でしたので参加できたとのご意見もうかがいました。こうしたご意見をもとに、今後、東京開催でも、日曜日開催をしていこうと考えておりますので、その際は是非ともご参加ください。

 以前にご紹介した長沼伸一郎先生の紹介記事です。一見、医療、とくに統合医療との関連がわかりにくいかと思いますので、今回は少し思い出とともに補足を。

 http://wired.jp/2017/02/13/shinichiro-naganuma/
 


 
 長沼先生は理系学生に向けた画期的な参考書「物理数学の直観的方法」を、なんと26歳の若さで書き上げ、各大学生協で売上一位を叩きだした理系世界の伝説の人でもあります。

 私自身は、理系といっても医学系なので少しずれてはいるので、数学の試験で「直観的方法」にお世話になったわけではないのですが、もうかれこれ15年以上前に大学生協で、この本の「後記」(当時はブルーバックスではなかったので「11章」と呼ばれていました)を 読んだ時の衝撃はいまでも覚えております。

 当時は、ある内分泌疾患における 遺伝子変異を研究して学位を頂き、それを機にこれまでの医局を離れ、保健学科で臨床検査技師を目指す学生さんたちに臨床生理学を中心に教えておりました。これまで遺伝子や病理学的な研究を大学院ではおこなっていたのですが、実際の人間を対象にした生理的な研究に移行したこともあり、どのようなテーマをしたものかと考えあぐねていました。
 当時すでに、統合医療への思いはありましたので、研究職への移行と同時にワイル先生の統合医療プログラムにアクセスして勉強を始めておりました。
 生理学系の教室でしたので 、当時話題になっていたアイゼンバーグ博士によるアンケートを用いた代替医療普及の実態調査のような統計的なアプローチではなく、なにか新しい指標での代替医療の評価はできないものかと考えていました。とりわけ、複雑系解析を用いて代替医療の有効性を示せないものかと模索していました。

 そうした中でであったのが、この「後記」だったのです。この小文は、衝撃的でした。ある意味、複雑系研究の限界を喝破し、 いまでもとかく「部分の集合は全体ではない」と理念では簡単に述べられる難問をいともたやすく数式で説明して見せているのです。さらには、東洋医学の存在意義や、西洋医学との体系的な差異が数学的にさらりと解説されていたのです。いまでもこれほど明確な解説は他では見当たりません。

 これはもう自分に向けて書いてくれたとしか思えず(笑) 即、購入し、熟読の後(それでも半分も理解できませんでしたが)長沼先生にお手紙を書きました。その後、何度か手紙のやり取りの中で、今では当たり前でもあるEBM(とりわけ大規模スタディ)についての功罪、とりわけ医学領域において見逃されやすい盲点を解説していただきました。(この原稿は今でも長沼先生のパスファインダーチームのホームページから読むことができると思います)

 またこの「後記」の白眉が「縮退」についての解説でした。物事が均衡せずに、縮退していくという構図が実に刺激的でした。当初は長沼先生は人体ではこうした縮退は起きないのではないかと考えていたようなのですが、救命救急の場面などでの生理現象では解りやすく生じている現象であるし、冷えなどの慢性的な状況でも、これによって 説明できることがたくさんあります。
 こうした縮退をめぐる思索のヒントを頂いたことで、後に「武術と医術」や「ふくらはぎ習慣」の内容へと展開することが できました。

 行列の計算を忘れていると難しい面もありますが、そうしたところを飛ばしても、概略を理解することは可能です。このリンクの記事を読んで、興味を持たれた方は是非とも「物理数学の直観的方法」の「やや長めの後記」をお読みください。 ここには私自身の臨床における身体観や、現在展開している医療の多元主義のバックボーンがすべて展開されているといっても過言ではありません。
「後記」だけでも、代金の価値は十分すぎるほどだと思います。


2017年02月21日

日経ヘルスに「脊椎静脈叢」の解説が掲載されています!

 日経ヘルス今月号の特集「女性の不調は血流&リンパが9割!」にて、これまで当院で行ってきた刺絡療法の基本理論の一つである脊椎静脈叢についての記事が特集されています。(表紙は井伊直虎ですね)



 
 ふくらはぎについては、これまでも何冊も出版してきましたが、それ以降の展開と刺絡療法との関連については、朝日カルチャーセンター等での講演以外はあまり説明してきませんでした。

 (血流改善の意義と縮退理論については以下↓をご参照ください)



 刺絡療法は、いわゆる「血」へアプローチする鍼技法として、その卓越した効果を説明されることがほとんどでしたが、なぜそこまで早く確実に効果をあげるのかというメカニズムについてはあまりふれられずに来ました。私自身もかつては、その効果は十分実感しつつも、うまく説明できませんでした。そうした中で、2015年の山口県での統合医療学会の折、帝京平成大学の上馬場教授に、無弁静脈である椎骨静脈叢についてご教示いただき、頭がすっきりとしました。

 この時の上馬場教授の解説を、自分なりに咀嚼して、これまでの「ふくらはぎもみ」や「縮退理論」と合わせたものを、刺絡療法のメカニズムとして説明した来ました。今回は、その一部を日経ヘルスの方に解説し、きれいな図解としていただきました。

 ただし、概略のみなので刺絡との兼ね合いまでは解説されていませんが、近年、非常に要望の多い「女性の抜け毛・薄毛」対策の基本を知ることも出来ると思います。特に国際ホリステックヘッドケア協会の宮崎踊子さんの頭皮マッサージもおすすめです。(定番のふくらはぎのもみ方解説もあります)

 背骨が全身に与える影響について興味ある方、是非ともお読みいただきたいと思います。

 なお補足すると、背骨の血流改善により影響を強く受けるのは、本文では「自律神経」という書き方がされておりますが、正確には交感神経と考えられます。これに対して、副交感神経は、その主体ともいえる迷走神経の働きと密接な関係を有する上咽頭が大きく影響するということになります。
 つまりこれらを総合することで、より明確に自律神経の調整をすることが出来るということです。

 他にも興味深い記事がたくさんありますので、皆さん是非どうぞ。