注意事項
本HPは「統合医療」に関して、その概念および実際を紹介することを目的とするものであり、個別の疾患や診療内容の相談には応じかねます。また、内容に関しても、実際に個人の判断で適応した際のあらゆる責任は負いかねます。実際の診療に関する事項は、医師にご相談の上、施行されることをお勧めします。
小池統合医療クリニックへ

2019年01月06日

2019 新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

当院は、1月4日から通常通り、診療を行っております。
ご予約、お問い合わせ等は、これまで通りお電話にて承っておりますので、よろしくお願いいたします。

今週は、新年第1回のジャングルカンファレンスです。ご興味ある方、ご参加を検討中の方は、HPをご覧ください。

今年は、これまでの多元的な姿勢に加え、ファッシアを共通言語としてより建設的な議論をカンファレンスにおいても展開していきたいと思います。
これまでの非公開のファッシア研究会に加え、公開の勉強会・研究会も開催していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

下記がとりあえずテキスト的なものですので関心ある方はどうぞ!



2018年12月20日

今週の勉強会テーマ

 明日の塾(代謝勉強会)の主な質疑テーマを記します。内輪の連絡事項ですので、関係ない方はスルーしてください。稀にこのテーマで勉強しているという方もいるようですので、ここに記載しておきます。

 今回はアミノ酸代謝を中心に勉強していきます。糖質、脂質の時と異なり、各論的な要素が強くなりますが、代謝マップを中心にこれまでの復習もしてみてください。

1)アンモニウムイオン生成の経路を二つ挙げなさい。
2)アルギニンがスポーツドリンクに含有される理由。
3)非必須アミノ酸の生合成の概略
4)必須アミノ酸の異化作用の概略
5)BCAAがスポーツドリンクに含有される理由
6)各種アミノ酸のエネルギー代謝経路への合流
7)カテコールアミン代謝とその異常のメカニズム
8)ステロイドによりうつ病が増悪するメカニズム
9)ピリミジン代謝とプリン代謝におけるサルベージ回路
10)痛風の発症メカニズム
11)ヘムの生合成からビリルビン排泄までの概略



2018年11月29日

今後の方針メモ

今後の方針のメモ的なものですので、関係ない方はスルーしてください。

統合医療における多元的・統合的アプローチの実際

統合医療の多元的アプローチ
1)統合医療の持つ多元性を損なわずに更なる展開・・・ジャングルカンファレンスの実施
2)多様な医療モデルにおける安全性の担保としての鑑別診断・・・臨床推論(総合診療的方法論)

統合医療の統合的アプローチ
1)総合診療的体系への組み込み(ドクター実施用の臨床モデル)
2)Fascia、生体マトリックスを用いた諸概念の統合(経絡・エネルギー医学の新たな理論基盤)

以上のような内容をこのブログで逐次、解説していきたいと思います。