注意事項
本HPは「統合医療」に関して、その概念および実際を紹介することを目的とするものであり、個別の疾患や診療内容の相談には応じかねます。また、内容に関しても、実際に個人の判断で適応した際のあらゆる責任は負いかねます。実際の診療に関する事項は、医師にご相談の上、施行されることをお勧めします。
小池統合医療クリニックへ

2019年02月14日

来週の勉強会のテーマ(今年のテーマ)

内部連絡ですので、関係ない方はスルーをしてくださいませ。

 来週の勉強会のテーマです。今回から、昨年までの「代謝・栄養」を一区切りとし、新テーマとして「神経・免疫・内分泌」を勉強していきます。テキストは病気が見えるシリーズを使用し、3テーマのキホンを学習し、健康におけるそれら3つの関連を統合していきます。

 第1回のテーマは以下です。テキストを自分なりに読み込んできてください。
1)神経系の全体像
2)神経生理学の基本(膜電位・活動電位・神経伝達物質・興奮性抑制性シナプス伝達等々)
3)大脳皮質の四つの葉(前頭葉・後頭葉・側頭葉・頭頂葉)
4)その他の部位(辺縁系・基底核・間脳・脳幹・小脳)
5)脳動脈(内頚動脈・椎骨動脈等)
6)脳血管障害(脳梗塞を中心に)
7)脳血管障害のリハビリテーション
8)神経伝導路(遠心性と求心性3つ)
9)自律神経系(体性と自律・交感と副交感・伝達物質等々)


病気がみえる 〈vol.7〉 脳・神経
メディックメディア
2017-11-30


2019年01月28日

花粉症シーズン到来

 インフルエンザ蔓延のなか、そろそろ花粉症シーズンも到来のようです。

 敏感な方はすでに、鼻、のどの症状が発現しているようです。多くの人はまだでしょうが、そろそろ対策を開始するころでしょうね。

 当院では、鼻うがいとプロバイオティクスの推奨に加え、スギ花粉レメディをおすすめしております。日本ホメオパシー医学会の推薦する、スコットランドの専門機関で、日本のスギ花粉をレメディ化したものを用いています。ホメオパシーの花粉症対策が気になる方は、ご相談ください。

 また、花粉症シーズンは上咽頭炎の増悪するシーズンでもあります。上咽頭を塩化亜鉛で擦過するEAT(通称Bスポット療法)も施行しておりますので、後鼻漏などの症状にお悩みの方は一度試されるのもよろしいのではないでしょうか。EATは最近、書籍もいろいろと出版されだんだんとメジャーな治療となりつつあります。これも、これまでいかにこうした症状の方が多かったということなのでしょう。以下は最新刊です。当院もEAT可能な診療機関として紹介されています。




2019年01月06日

2019 新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

当院は、1月4日から通常通り、診療を行っております。
ご予約、お問い合わせ等は、これまで通りお電話にて承っておりますので、よろしくお願いいたします。

今週は、新年第1回のジャングルカンファレンスです。ご興味ある方、ご参加を検討中の方は、HPをご覧ください。

今年は、これまでの多元的な姿勢に加え、ファッシアを共通言語としてより建設的な議論をカンファレンスにおいても展開していきたいと思います。
これまでの非公開のファッシア研究会に加え、公開の勉強会・研究会も開催していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

下記がとりあえずテキスト的なものですので関心ある方はどうぞ!