2020年02月13日

スギ花粉のレメディの研究成果

 質問がいくつかあったので、花粉症のレメディの効果を示した二重盲検法での研究をご紹介しましょう。
 19施設125名の患者さんを対象にした結果、対照群では半数の患者さんがほぼ毎日抗アレルギー薬を服用せざるをえなかったのに対して、レメディ服用群では42.6%の方が1週間で0〜2錠の抗アレルギー薬服用で症状を抑えることができていたというものです。
 さらには、2年3年と継続することで有効性が高まり、4年経過時点で、80%の方が抗アレルギー薬を全く服用しなくなったということも評価できます。

 印象だけではない、しっかりとデザインされた二重盲検での検査ということで、もっと見直されてよい研究なのではないかと思います。





tougouiryo at 06:00│Comments(0)いわゆるブログ! 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔