2020年03月19日

鼻うがいの続き

鼻うがいの記事を書いたのですが、反響がありましたので、追加します。

鼻うがいについては、どうしてもできない、やろうと思うだけでオエッとなる、など抵抗の強い方も多いと思います。こうした方は、副鼻腔炎や後鼻漏、慢性上咽頭炎といったトラブルを既に抱えている方が多いです。何ら鼻や咽頭のトラブルを抱えていない方は、それほど鼻うがいに抵抗を持たれないようです。

私自身も花粉症など鼻トラブルが強かったので、そうしたお気持ちは理解できます。しかし、そうした方にこそやって頂きたい。うまく鼻から口に、うがい液をまわすことができなくても、ただ鼻に水をいれるということから始めてみてはいかがでしょうか。ハナノアなどの市販のものには専用の容器がついており、思い切ってピュッと押し出せば、結構鼻腔内に広がります。一瞬のちょっとした勇気です。

慣れてきたら、上向きになってうがい液を入れることで、上咽頭に液体をためることが出来ます。ここで専用液であれば、しみることがないので少し首を揺らして、上咽頭を洗浄することも可能です。
そこまでできれば、後鼻漏の方であれば、後鼻漏をタンとして口から出すようにすると、口にうがい液をまわすことが出来ます。この時のどの緊張を緩めることが大切です。

始めはうまくいかないでしょうが、がらがらする普通のうがいも、子供頃はうまくできなかったひとも 多いはず。後は慣れと練習です。失敗しても少しは鼻腔はきれいになるわけですから、気楽に始めることが大切です。





tougouiryo at 10:00│Comments(0)いわゆるブログ! 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔