2020年07月28日

現代経済学の直観的方法

 久々に長沼伸一郎先生率いるパスファインダーチームのHPを見ていたら、HP内でのみ電子書籍で読めた経済学の直観的方法が出版されていました。 
 急いでアマゾンで購入しようとしましたが、現在品切れのようで待機中です。なので内容、未読です。が、レヴューを見るとこれまでの原本の根本はそのままで、現代に合わせた改定がされているようですので、とても楽しみです。

 現在では、統合医療における多元主義の必要性を述べるときの基礎理論として用いている「縮退」の概念ですが、これについても経済学の視点から詳述されているようです。
 この原本を初めて読んだ当時は、全くと言っていいほど経済学の知識や理解がなかったのですが、これにより俄然、経済学についての関心を高めることができました。東大の西成教授の推薦文にもありますが、スゴイ本だと思います。
 現代の経済の流れを理解するにも最適の一冊という気がしております!未読なのであくまでも推測なのですが(笑)


現代経済学の直観的方法
長沼伸一郎
講談社
2020-04-08


 長沼先生の不朽の名著はコレ ↓ 伝説の前文と、長いあとがきでの、作用マトリックスを用いた「縮退」への流れは必読です。



 さらに長沼経済学を知るにはコレ ↓ 





この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔