2020年08月17日

「ヒトのからだ」第二回勉強会のポイントとお知らせ

 三木成夫先生の「ヒトのからだ」をテキストにした勉強会を開催しております。第1回は、通常の解剖学と三木解剖学との差異から、生命の「おもかげ」を見る視点やら、進化・発生から視点の重要性など、総論的なお話がメインでしたが、今回は主に、吸収系としての呼吸器系と、循環系としての血液系・血管系を学習予定です。各論としてもほぼ独立しておりますので、今回から参加希望の方でも大丈夫です。以下、今回使用するテキストです。

ヒトのからだ―生物史的考察
三木 成夫
うぶすな書院
1997-07T



 8月28日(金)18:30〜20:00(〜20:30)ZOOM講義による開催です。申し込みサイトなどは後日、こちらのブログでお知らせしますので、マメにのぞいてみてください。

 以下、参加予定者の方のために、学習ポイントを記しますので参考にしてください。

吸収系
1)消化器系の復習(「頭進」までの流れ)
2)副鼻腔からの呼吸器の経路
3)「生命のかまど」として酸素の取り込み
4)えらの変化
5)呼吸における動物的支配

循環系
1)食物と酸素の運搬系
2)血液細胞の来歴
3)腸管外消化としての免疫
4)腸管・脾臓・腎臓・骨髄における造血
5)腸における新旧の静脈(一次静脈・二次静脈)
6)腸の血管、腎臓の血管、脳の血管、肺の血管
7)脳への動脈血が左側に流れやすい理由

その他、肺の機能と構造、心臓の機能と構造についても復習しておいてください。


病気がみえるvol.2循環器
メディックメディア
2017-03-04

病気がみえる vol.4 呼吸器
メディックメディア
2018-12-14



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔