2021年05月08日

お城へ To Go (岩村城)

 日本三大山城の一つ、岩村城(38・岐阜)です。押印は平成27411日、歴史資料館にて押しました。

 太鼓櫓の見える、復元藩主邸に駐車して、藤坂を一の門へ向けて登ります。追手門を越えると竜神の井、つづいて霧ケ井となります。
 この井戸は伝説の井戸で、別名である霧ケ城の由来ともなりました。ここに蛇骨を入れると霧が湧き出して城を包み込み敵から見えなくなったというものです。
 同様の伝説は、ほかにも掛川城(霧吹井戸)にもありますね。

 そこからさらに行くと六段壁といわれる本丸六段の石垣になります。岩村城の象徴的な石垣です。全体的によく整備されて見やすい山城です。
 また、悲劇の女城主の城として神秘的な雰囲気も醸し出しています。織田信長の叔母にあたる「おつやの方(所説あり)」は、夫である城主遠山景任亡き後、女城主になったとされます。ここに秋山信友が岩村城を攻撃しますが、攻防のさなか、この女城主に結婚を申し込み、女城主もこれを受け入れ開城してしまいます。これに対して信長は激怒、信忠を総大将として大軍を派遣し、岩村城を奪還、女城主らを処刑してしまうというお話です。

 武田、織田のはざまに揺れた当時の政情がみてとれるエピソードですね。





日本の城 80号 (岩村城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2014-07-22








この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔