お城へ To Go

お城へ To Go 統合医療編 (折衷と多元から「城」をみる)

 お城のブログとして、医療ブログとは一線を画して連載していますが、じつは全く無関係ではありません。ウィルバーの4象限の「ITS」の実例でもあるのは、これまで書きましたが、多元主義理解のための実例でもあるのです。

 教条、折衷、多元、統合という、複数のカテゴリーの括り方の差異について、統合医療という概念は極めてあいまいであり、それゆえに現在でもその概念の混乱がある、というのが私の主張なのですが、これの具体例として、結構、城の分類が役に立ちます。

 いわゆるお城を時代的に大きく分類すると、古代山城、中世山城、近世城郭に大別できます。少なくても100名城などの城巡りでは、これらのどこに分類されるのかを意識しながらめぐることで。ポイントを外さずに済みます。

 古代山城に関しては、大和朝廷の対外政策の関連なので、少し例外的なのですが、中世山城はまさに「折衷」から「多元」への移行、近世城郭は「多元」から「統合」への移行、を象徴しているように思います。
 応仁の乱以降の混乱期から、戦国時代へと突入、次第に吸収合併が進んでいくさまは、まさに折衷状態が、力の強さによって教条(統合)へと向かう様子そのものとも見れます。この過程がまさに中世山城的です。
 それから織田信長による安土城築城から、統合への意図がちらほらと透けて見えるようになります。それでも、各地の大名が群雄割拠した政局が続くため「多元的」状況が続き、或る意味そのまま近世江戸期に入ります。そしてこの幕藩体制そのものが、「多元的」政体とも言えます。
 このようにして見ると近世城郭を「多元」とみなすことが出来そうです。そして明治政府の樹立により近代国家が形成され、廃藩置県が断行されることで、「統合」(そしてある種の「教条」)が完成されたと見ることもできるわけです。

 これまで、多元と折衷の違いなどでは歴史的視点で解説してきたのですが、城との関連で今回は解説してみました。ご興味ある方は、直接聞いてください。もっと分かり易く説明します(笑)

 いずれにせよ、こうしたモノサシ📏の導入により城も統合医療も、混乱を少しはのぞけるのではないでしょうか。でも、こうした混乱で困っていないという方に提案しても、あまり必要性は感じないかもしれませんね…年末の学会発表での「統合医療の可視化」も、ほとんど諸先生方の反響ないままなので・・・(T_T)







tougouiryo at 2021年01月17日17:26|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (彦根城)

「ひこにゃん」で有名な彦根城(50・滋賀)は小谷城と合わせて訪問していますので、押印は平成26113日、彦根城表門券売所にてスタンプを押しています。

 この城は、関ケ原の戦いの後、井伊直政が佐和山城を破却して、新たにその近在に築城したことが始まりとされます。
 天守は国宝で、譜代筆頭の井伊家の格式に見合う華麗な三重天守です。それでも玄宮庵からの天守の姿は、最上層の華頭窓が「目」のようになり、笑っているようなキャラクターの顔にも見えるので親しみやすくもあります。
 城全体は平山城で、その山麓には大規模な御殿が復元されており、総石垣の素晴らしい近世城郭になっています。

 築城にあたっては天下普請とされますが、築城者の井伊直政が計画の二年後に亡くなるなどしたこともあり、20年の歳月を経て完成に至ります。
 この城が現存しているのは、明治維新において彦根藩が新政府側についたことや、明治天皇が巡行された折、破却されることを惜しみ保存を命じたからとされます。
 いずれにせよ井伊家の天皇家との並々ならぬ深い縁を感じさせるエピソードではあります。また、築城に貢献した直勝が安中藩に移封され(病弱のため大阪の陣に参陣出来なかったことが理由とされる)二代藩主に直孝がつくあたりの事情も、通説通りではないような雰囲気を感じます。

 非常に見どころも多く、きれいなお城です。天秤櫓など建築による防御を考えるときにとても参考になります。また、井伊直弼ゆかりの「埋木舎」は、不遇をかこった人物の若き日々が偲ばれ、ここから天守を見上げたのかななど考えると、感慨深いです(直弼がその後の運命をどこまで知っていたのかは不明ですけど)。
 ちなみに年末の「やりすぎ都市伝説」で、お龍の(龍馬の後の)夫が、彦根藩出身であるという事実は、驚きました。お龍をたどるといろいろありそうですね。詳細はしらべてみてくださいませ。





日本の城 改訂版 6号 (彦根城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2017-02-21



お龍と龍馬
大至(ダイシ)
エイフォース・エンタテイメント
2010-12-01


tougouiryo at 2021年01月16日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (小谷城)

 新年あけてからはしばらく「近畿編」でいきます。

 今回は小谷城(49・滋賀)です。平成26113日に訪問しました。レンタカーにてまずは小谷城戦国歴史衣資料館で押印し、その後、番所跡まで車であがりそこから歩いて登城しました。

 浅井家は、久政の代に六角氏に敗れて以来、六角氏に服属していましたが長政の代になり、六角義賢に野良田の戦いで勝利し自立を勝ち取ったとされます。その後、六角氏との関係で優位に立つべく織田に接近、これにより長政はお市の方と結婚し、浅井三姉妹をもうけました。
 しかし、織田信長が越前朝倉を攻めると、金ヶ崎の戦いにおいて織田に反旗を翻し、姉川の戦いで朝倉とともに織田と激突します。この戦いで織田は勝利するものの、本拠・小谷城までは落とせず、信長との対立が続くことになりますが、こうした最後の舞台となったのが小谷城です。

 小谷城は、浅井の居館や家臣団屋敷があったとされる清水谷から見上げると、右手に本丸、左手に山崎丸がみえ、その中央に詰めの城としての「大嶽」が位置しています。
 この大嶽は容易には落ちず、織田軍は相当苦戦しているようです。しかしその後、ここも最終的には制圧され、山崎丸、福寿丸も落ちると清水谷から総攻撃をかけ、浅井久政・長政は自刃し、落城に至るというわけです。本丸の下部には赤尾屋敷跡があり、ここで長政は自刃したと伝えられています。

 この城の特徴としては、本丸より上段に、守護の京極氏を迎え入れたとされる京極丸、さらには地域で信仰される地主神を祀る山王丸があり、地域社会の統治においての配慮がみられるのが大きな特徴とされています。浅井の人間関係の機微のようなものが垣間見えますね。城郭から地域の人間関係が透けて見える良い例とえいるでしょう。

 ここもクマ出没注意がなされていたので、熊鈴をもっての登城となりました。くれぐれも皆さんもご注意ください。







 


tougouiryo at 2021年01月09日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (江戸城)

 新年早々の第1発目は江戸城(21・東京)です。押印にはいきましたが、厳密には四谷にいるので毎日城内に入っているような感じです。

 それでも押印することで、その時、天守台を初めて見ました!
 大手門から三の丸に入り、現存する番所である同心番所、百人番所、中の門を通って、大番所と続きます。そこから本丸に上がり、大奥のあった広場を通過し、天守台へ。これまで天守が再建されることがなかった天守台(加賀前田藩)にのぼると本丸全体が見渡せ、とても気持ち良いです。
 訪問時は、かなりの外国人で、日本人の方が少ないくらいでした。たしかに自分も、その時まで、ここに来たことはなく、こんなに奥まで入れることも知りませんでした。それもこれも、城巡りをしなければ、一生来ることもなかったかもしれません。
 天守台からは汐見坂から白鳥掘を右手に見ながら、二の丸へ。二の丸庭園を通過して三の丸に戻ります。日本最大の巨大城郭、江戸城として散策してみると、感慨もひとしおです。
 最近、行ってないので、是非とも今年はコロナ禍の収束が認められたら是非とも再訪したいですね。(ちょっと現時点では全くメドが立ってませんが…)

 江戸の城の歴史としては、太田道灌築城が有名ですが、厳密には秩父氏が居館を桜田に築いたのが初めということです。この時、秩父重継は「江戸太郎」を称したそうです。その後に、扇谷上杉氏の重臣である太田道灌が、江戸氏の居館跡に、江戸城を築城。そして秀吉の小田原平定後に、徳川家康が入城するという流れになります。

 天守としては慶長度、元和度、寛永度の三度にわたって史上最大の天守が建造されました。家康は当初、秀吉政権下においては、天守を建造しませんでしたが、これは、秀吉存命中であると大坂城を超える建造物は建てられないからといわれ、蒲生氏郷が七重天守を有する中、天守無し、という状態でした。
 これはなるほど納得で、下手に建てれば大坂城より劣ったものにしなければならず、それだと格下であることを印象付けてしまうことになります。それゆえに征夷大将軍に任ぜられた7年後に天守を完成させるのです。

 しかし、こうして建てられた天守もわずか15年しか存在せず、2代秀忠により家康没後一年で取り壊されてしまいます。これは本丸御殿拡張のためといわれますが、さてそれだけなのでしょうか?(徳川期大坂城天守に家康天守は転用されたとも伝わっていますが…)

 そしてさらに、この秀忠の天守を3代家光が14年ほど壊してしまうのです!これは家康天守を壊した秀忠への意趣返しといわれていますが、きっとそうなのでしょう。祖父家康を神のように崇めていたといわれますが、単純に家康の子供なのかもしれません。
 ちなみにこれは推測でもなんでもなく、家光自身が家康の子供であると言っているのですが、教科書的には、それは尊敬の念の表れだということになっています。
 しかし、この天守の取り壊し戦争をみていると、やはり家康の孫ではなく、子供という気がしてなりません。まあいずれにせよ、家光による寛永度の天守は現在の20階建てのビルに相当するといわれております。

 ちなみに現在の天守台には、新井白石によって4代目の天守が提案されいたようなのですが、実際に建造されることはなく、天守台のまま、今日に至っています。

 とにかく江戸城は大きい。大きさとしては一般的な城郭の100倍ほどもあるわけで、現在の千代田区全体を超える大きさです。
 四ツ谷駅ひとつとっても、地下鉄丸ノ内線が、四ツ谷で一度地上に出た感じになるのは、江戸城の堀の中に駅があるからで、こうしたことも城を知らなければ、結構知られていない事実なのではないでしょうか。











tougouiryo at 2021年01月02日00:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (今年の総括と来年の抱負)

 本年から開始しました「お城へTo Go」ですが、そもそもはコロナ禍での外出自粛の中、当然お城巡りもできない中で、せめてこれまでに訪問した城郭をまとめておこうと思ったのがきっかけでした。

 盛んに訪問しているときは、行くことに集中しすぎて、写真や資料を整理できず、初めの頃は整理していたものも次第にごちゃごちゃと積読状態になっていました。写真の整理は、いまだ未着手なのですが、せめていった記憶の整理に、と始めたのがこのコラムでした。

 統合医療に関するブログですので、当然、歴史的なものはあまり関心を持って読まれる方も少ないのですが、書き手としては、これまでの思い出の整理、その当時の患者さんや臨床的な出来事、学会の思い出など、いろいろと振り返りの良いきっかけとなりました。サマリーや学会発表など振り返りの重要性をあらためて感じた次第です!

 そもそも100名城から書きはじめ、100を終了してから続100名城へと進もうかと思っていたのですが、関心のある城や早めに書いておきたい城なども出てきたので、途中から続100も書いてきたという事情です。それでも実際は、それ以外にも訪問しているので、それも書いてみたいなと考えてもいます。取りあえず、200に向けて邁進します。
 また、スタンプは未押印ながらも、続100も含めて200に及ぶ選定された城郭ですが、未訪問の城郭がほぼ20くらいと完遂が近づいてきたので、それ以降のプランを企画中です。そこで、200以降、300までを自ら選定して「300名城」としてご紹介していきたいと考えています。
 城について詳しくない人からは、そんなに城があるの?と聞かれるのですが、あります。まだまだあるのです(笑)

 これまで以上に、医学的な内容や個人的な内容を織り交ぜて、独自の城紹介をしていきたいと思いますので、来年もよろしくお願いいたします!


日本100名城公式ガイドブック スタンプ帳つき(歴史群像シリーズ)
日本城郭協会
ワン・パブリッシング
2020-09-14








tougouiryo at 2020年12月28日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (要害山城)

 今回は躑躅が崎館の詰城、要害山城(続128・山梨)です。この城自体は3度ほど登っており、続100名城の認定に伴い、甲府駅前の藤村記念館にてあらためて押印のみしています。
 記念館の名前に藤村とあるので、トウソン(島崎藤村)絡みかと思いきや、山梨県令のフジムラさん(藤村紫朗)でした。この藤村さんが推進したのが、この記念館の洋風建築の様式で、これが藤村式建築と呼ばれているようです。

 この城は、かの武田信玄の誕生地といわれ、その麓の積翠寺には信玄の産湯を汲んだという伝説もあります。積翠寺温泉にお声掛けして駐車スペースをお借りして、上り口で登山用の杖をこれまたお借りして、ハイキング登山です。(こうしたハイキングに麓に好意で置かれている杖は不可欠ですね!)
 ゆっくり登って小一時間のちょうどよいハイキングコースといった感じで、夏はきついでしょうが、秋ぐらいだと気持ちよく登れると思います。
 下山したらそのまま温泉に浸かれるのが最大の魅力です。お風呂からは、甲府市を一望でき、開放感満点です。信玄誕生の頃からあると思うと、感慨ひとしおです。
 城郭としては、当時の雰囲気を残すとても良い山城といった感じです。山頂である主郭までは第1から第8の門までが続き、一直線の連郭式の山城で保存状態も良好です。登城途中も曲輪、枡形、堀切などの遺構も豊富で、上りながらも見どころ満点です。良い運動にもなります(笑)

 武田と今川の激戦を背景に、武田館の詰めとして用いられたことから、信虎夫人(正室大井夫人)が懐妊中に難を逃れたことから、信玄がこの地で生誕したというわけです。詰めの城で生誕とは、なんとも戦国武将らしい逸話です。さすが武田信玄ですね。
 そもそも今川正規軍ではないとされる「福島一類」による甲斐侵攻の時が、武田館の危機とされるときなので、この時が信玄の誕生と考えてよいのでしょう。
 要害山城には東方に熊城という出城があり、私は未訪問なのですが、主郭を越えて隣の峰へと奥へ進むとつながっているようで、「つわものたち」は訪れているようです。ただし、熊の爪を研いだ跡やらも見つかるようで、ちょっと私は遠慮しておきます。また近年、マダニの発生も報告されているとのことですので、十分気を付けて来訪してください。






 

tougouiryo at 2020年12月26日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (白石城)

 今回は白石城(続105・宮城)です。白石駅から徒歩10分、新幹線の白石蔵王からもタクシーで数分というアクセスのよい城郭です。これまで二度ほど訪問しております。
 現在の天守は復元天守ですが、それ以前も天守ながら一国一城令の例外的な城のため「大櫓」を名乗っていたようですが、どう見ても天守です(笑)

 そもそも平安末期に築城されていた歴史ある城郭ですが、伊達の家臣であった白石氏の居城だったものが奥羽仕置に伴い、会津若松に蒲生氏郷が入った際に、ともに蒲生に与えられました。
 その後、上杉景勝の所領となり、その家臣を城代として送り込んでいます。関ケ原の合戦の折には、上杉VS伊達による白石城の合戦が展開され、伊達が白石城を奪還、仙台城の支城として片倉小十郎景綱に与えています。その後、明治維新まで片倉氏の領有となるわけですが、これがまた例外中の例外的な扱いなわけです。

 いろいろと理由はつけられるのでしょうが、伊達家の宇和島領有のみならず、一国一城の例外として、実質的な天守を有する城郭を、家臣の片倉に認めさせているというのはどうなのでしょう。おまけに、講談的には徳川にとっては憎き敵である真田幸村につながるものまでも、その城でかくまってしまうわけです。これは、歴史ロマン派からすれば、真田と片倉による漢たちの感動秘話、となるのでしょうが、そういう解釈でいいものでしょうか。あまり私は納得できない派、ですね〜(笑)。数代後とはいえ、子息である大八につながるものが真田を復興させるわけですから、わかってやっているとしか思えません。
 上杉、伊達の境界領域というだけでなく、一国一城の例外、さらには幕末明治期には、奥羽越列藩同盟の締結の地にもなっています。きわめて重要な城郭というわけです。仙台藩にとっては南側の要となる重要な地でもあります。

 白石城の訪問の後は、仙台城を訪問することが多いのですが、巨大な仙台城の藩南方の前線防衛としてみると感慨ひとしおです。仙台城と組で考えた場合、大櫓と称した実質的天守を持つ白石城と、幕府に遠慮して天守を建設しなかったとされる巨大縄張りの仙台城の組み合わせは何とも違和感を感じますね。仙台、伊達藩に対しての依怙贔屓を感じざるをえません(笑)

 岐路に新幹線の駅で白石温麺を食べて帰りました。温麺は、そうめんと違って油を練りこんでいないそうです。それゆえに体に優しいという点がウリのようです。温麺にも関わらず、暑いので「冷やしメカブうーめん」を食べました(*^^*)
 

日本の城 22号 (白石城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2013-06-11



白石城死守 (講談社文庫)
山本 周五郎
講談社
2018-02-15





tougouiryo at 2020年12月19日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (高島城)

 今回は諏訪湖の浮城、高島城(続130・長野)です。これまで松本への途中で2度ほど訪問しております。上諏訪駅から徒歩10分くらいで都心からのアクセスもよく、城までの道すがら、「うなぎ」の店も多くいろいろと楽しめます。(私はうなぎ「古畑」さんに寄りました)

 このあたりはそもそも国人領主である諏訪氏により治められていました。諏訪氏はそもそも出雲系といわれ原始日本の伝統的な流れであり、それゆえに神官を兼ねた家柄でもあります。武田信玄の時代には、諏訪御寮人(かつて大河では南野陽子さんが演じてました!)との間に勝頼が生れ、武田の跡継ぎとなりました。
 その後、諏訪には、徳川家康の関東入りに伴って、築城の名手とされる日根野高吉が入り、7年がかりで諏訪湖畔に高島城を築城したとされます。高吉の死後、諏訪氏は下野壬生に移り、11年ぶりに諏訪氏が復帰し、高島城に入りました。その後は、明治まで諏訪の領有は継続しています。

 この城は、罪人の幽閉場所として利用されていたようで、松平忠輝、吉良義周らが幽閉されいます。現在は、諏訪の街中にあるお城ですが、当時は天守まで諏訪湖畔が迫っており、諏訪湖に流れ込む川を巧みに縄張りに取り込んでいるさまから水城、浮城と称されていました。幽閉場所である南の丸(現城南小学校)は往時は、川と堀に四方を囲まれており、幽閉には適したところだったのでしょう。また格式のある諏訪氏だけに、こうした政治犯がらみの責任ある業務に任ぜられていたのかもしれません。

 古地図などでも浮城の様子は描かれており、諏訪湖のほとりの天守はさぞや立派な光景だったことが偲ばれます。現在は公園化されており、天守は資料館になっています。最寄りが、特急あずさの停車駅なので、松本城と合わせて訪れたい名城です。








上諏訪の女/一緒に暮らそう
天野涼
日本クラウン
2014-08-06


tougouiryo at 2020年12月12日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (鶴ヶ岡城)

 今回は鶴ヶ岡城(続108・山形)です。新潟から特急いなほに乗って訪問しました。特急いなほは、羽越本線を通っていくため、村上を過ぎてから、鶴岡の2、3駅手前まで日本海沿いを走る風光明媚な路線でした。村上近くでは、有名な「笹川流れ」に代表される奇岩により形成される海岸が、そのまま山形県まで続きます。トンネルとトンネルの間に、つかの間、こうした景色が見え、「旅情」あふれる、といった感じでした。

 時折、上杉の領国としての越後の広大さの理由を考えるのですが、こうやって実際に行くと納得の理由があるものです。春日山城から西へ向かうと。こちらも「親知らず子知らず」に代表される断崖絶壁により富山県と隔てられているのがわかります。そして春日山城から広大な水田地帯に隔てられ遠く離れ、上杉の支配に対して独立的反抗的であったとされる「阿賀北衆」の領土もまた、最上の本拠である山形と前述した自然の要害で隔てられているわけです。実際の歴史は、地政学的にみても納得です。

 鶴岡駅で「冷やしラーメン」を食べてから、鶴ヶ岡城(鶴岡公園)へ。現在の本丸は荘内神社となっていて、御祭神は、酒井忠次をはじめ酒井家二代、三代、九代が祀られています。元来、この地は最上と上杉の勢力がせめぎ合っており、大宝寺城として築城されたこの城も、上杉から最上の支配へと変わっていきます。
 しかし、江戸時代に入って最上三代の時のお家騒動により改易され、酒井家が信濃松代藩から(!)入り、そのまま明治へとつながります。この間、酒井家の国替えが画策されたときに、領民の反対運動により、酒井家の領有が続行されたことは「善政」であったためといわれますが、上杉と最上に挟まれた歴史をみると、やっと得られた「安定」と継続したかったという面も強かったように思われます。
 
 ここ庄内藩は、幕末においてはかなり特異な扱いを受けることになり、歴史的にはかなり穿った見方をすることも可能です。東北諸藩の中では例外的に、官軍である西郷隆盛を敬愛する土地柄で、元藩士がはるばる西南戦争に西郷軍として参加までしています。「西郷の人柄を慕って」というのが定番の解釈なのですが、それにしても戊辰戦争で徹底抗戦までしたにも関わらず、何故、寛大な戦後の処置を受けることができたのでしょうか。黒田清隆、西郷隆盛の漢の心意気みたいな説明は個人的には全く納得しておりません。明らかな依怙贔屓を感じざるを得ません。大本営の移動も画策された「松代」からの初代忠次の移封にも、何か関連しているのではないでしょうか。

 訪問した日が休館日だったため、致道館、藤沢周平記念館は見学することが出来ませんでしたが、かろうじて旧三の丸にある致道博物館は開いていたので見学できました。かなり見どころ満点の博物館で、入り口を入ると青い立派な旧鶴岡警察署庁舎、その横には藩主御隠殿、美術展覧会場、多層民家、奥には酒井氏庭園、振り返ると旧役所も立派な建造物で、こちらには戊辰戦争関連資料があります。城郭自体があっさりしていたので、次の予定までに時間を持て余していたのですが、たっぷり楽しむことができました。充実の博物館です!

 駅までの帰り道、「千葉寿司」さんで日本海の海の幸を堪能し、サクランボ(紅秀峰)を買って帰りました。紅秀峰、美味しかったです。




新装版 蝉しぐれ (上) (文春文庫)
周平, 藤沢
文藝春秋
2017-01-06



 

tougouiryo at 2020年12月05日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (高岡城)

 今回は高岡城(33・富山)です。押印は平成23年10月23日で、一乗谷、丸岡と北陸周遊の一環で訪問しました。鍛冶丸跡にある高岡市立博物館にスタンプ設置されています。城郭全体が、公園で、知り合いがここ高岡にいるのですが「高岡には城はないよ」というくらい、地元民には城として認知されいないようです(笑)

 現在は、広大な水堀に囲まれた立派な公園で、そもそもは天然の地形を全く利用していない全国的に珍しい「人工的な城」ということです。要するに平たいところに全く白紙の状態から縄張りを張ったということです。それゆえに本丸、二の丸、鍛冶丸、明丸、民部丸とひとつらなりの輪郭式で、極めて幾何学的な印象です。そもそもは高山右近の縄張りという印象でしたが、これは通説ではあるのですが、どうも現在では直接的な資料が見当たらず、疑問視されているようです。(ただし右近の経歴に加え、妙に重要な前田絡みであること、近隣の意味深な地名などいろいろ邪推すると、本当は何かあるのかもしれませんね)
 かわりに前田利長の采配の示す資料はあるようで、歴史的経緯からもこちらが自然なように思います。では、どうして高山右近?という疑問が残るのですが、天正16年に前田利家に加賀に招かれているという記録があるようです。

 いずれにせよ、前田利長の隠居城として築かれた富山城が火災で焼失したのち、魚津城を経て、ここ高岡築城に至るようです。しかし、その完成をみることなく死亡してしまい、元和の一国一城令により廃城、わずか5年の歴史とされます(異説あり)。それゆえ巨大な水堀は往時のままで残っており、水堀巡りの小舟もあり、楽しめました。

 ただこの時は訪問時に、突然の雨に降られてしまい、傘がなくなんとか博物館に逃げ込んだもののずいぶんとびしょぬれになったのを覚えています。訪問後は、有名な高岡大仏を見て帰りました。






新装版 高山右近 (講談社文庫)
加賀 乙彦
講談社
2016-06-15



tougouiryo at 2020年11月28日05:00|この記事のURLComments(0)

廃城をゆく 街中の名城

 お城へ To Go の番外編として、書籍の紹介です。先日出版社の方から、ある方を通して、新刊本をいただきました。大好きな廃城を行くの最新版、なんと廃城ならぬ『街中の名城』です。

 県庁や学校、自衛隊の基地などいろいろと転用されることも多い城ですが、むしろそうした側面を、強調して売り出した、というスゴイ企画本です。

 江戸城巡りとしても結構使いやすそうですし、その他にも公園化してしまった城を巡るには重宝しそうです。
 とりわけ、群馬大学出身ということもあり、前橋城は興味深かったです。これまであらためて関心を持つということもなかったのですが、現在の地図との相関が載っているので、多くの発見がありました! 特に、遊園地初心者の聖地(笑)といわれる「ルナパーク」はなるほど暗いところにある遊園地だなという印象だったのですが、やはり堀底にあったということをしり、勉強になりました。

 山城の楽しみ方とは一味違う、ブラタモリ的な街の楽しみ方が出来るおすすめの一冊です。





tougouiryo at 2020年11月23日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (鮫ヶ尾城)

 前回の高田城に続き、近隣の鮫ヶ尾城(続133・新潟)です。同日の訪問ですので、押印は2020年6月21日でした。斐太歴史の里総合案内所で押印しました(冬季は神の宮温泉かわら亭に置かれるようです)。

 上杉景虎は御館の乱の結果、館を逃れ生家の北条家へと向かう途中に、立ち寄ったこの城で城主の寝返りもあり、完全に包囲され最期を迎えます。最期の地とされる本丸には、大手と考えられる南登城通と、歴史の里から斐太遺跡を経由する東登城通があります。案内所の方に、東を案内してもらったので、ヘラブナ釣りの人を見ながら、池と遺跡を廻って東から登城しました。
 ちなみにここの遺跡は、竪穴遺跡が密集して現在でもくぼみとして確認できるようです。また空堀の原型とされる「環濠」も総延長900mにもわたって存在し、かつての巨大な住居群が偲ばれます。

 城郭としては、上るとともに多くの堀切が、竪堀とつながった形で確認できます。かなり深くまで掘り下げたものでとても豪快です。山城を見慣れた方にはお薦めです。当時の姿をかなりそのまま維持しているようで、いまでも米蔵跡では炭化したコメが見つけられるようです。ちなみに、そのように説明板に書いてあったのですが、まさかと思って面倒なので探さなかったのですが、丁寧に探せばいまでも見つかるみたいです。帰ってから解説書にそう書いてあり、少し後悔しております…

 新潟には坂戸城をはじめ、ほかにも選定されて良い城があるのですが、何故ここなのかという点少し疑問が残ります。森林セラピーの認定コースのようですので、道も整備され上り易く体にはいいと思うのですが(笑)、ちょっとタイアップ感がないわけでもありませんでした。
 下城後は、冬季の押印所でもある「かわら亭」に宿泊しました。食事時に係りの方に聞いてみると、かなり城巡りの方がここを訪れるようで、昨日は、2巡目ですという初老のご夫婦もいたようです。「続」100名城なのに、すでに2巡目とはかなりの「つわもの」です(笑)

 ここのお風呂はかなり特徴的で、一軒だけの温泉なのに、二種類の温泉が出ており、これがいわゆるアルカリの美人の湯系統と、温め効果の塩化物泉の系統の、かなり異なったものがでています。この組み合わせであれば、夏と冬で順番を変えて入り分けることで、保温についても効果を分けることが出来るのですごいです。たしかに全国的にも珍しいと思います。詳細は確かめたわけではないのですが、源泉の分析時期が10年くらい違うので、宿の規模拡大を考えて再掘削したら別種の源泉にあたった、というところではないのでしょうか。かってにそう予想しました。

 すごいなと思い、入りすぎたので、早めにぐったりしてしまいさっさと熟睡してしまいました。山城と温泉の最高の組み合わせでした!新幹線の妙高高原駅からのアクセスもいいのでおススメです!





森林セラピー 養成・検定テキスト
香川 隆英 
朝日新聞出版
2009-02-27



tougouiryo at 2020年11月21日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (高田城)

 これまでは100名城のみをご紹介してきましたが、これからいくつかは続100名城も入れていきたいと思います。基本的には100名城をすべて書いた後、と考えていたのですが、書いている最中に訪問したお城に関しては、その都度、書いてみたいと思います。

 ということで、今回は高田城(続132・新潟)です。押印は2020年6月21日で、コロナ自粛明け初めての遠出で非常事態解除後、不要不急は遠慮する中ですが、墓参りがこの日程しか取れないなかでの自家用車での訪問となりました。スタンプは上越市立歴史博物館(城内にあります)で、三重櫓と共通の観覧券があります。

 古くからの越後支配の中心地である上越の地にある、三重櫓を天守の代用とする天下普請の城郭。上杉謙信による春日山城から、福島城(現・古城小学校)を経て、松平忠輝により築城されました。天下普請なので、伊達政宗を始め、上杉景勝などそうそうたるメンバーによる築城で、築城期間は4か月というスピード、かの地の支配の重要性を感じます(大阪の陣を控えた緊張状態)。
 ちなみに春日山城、福島城、高田城は全て、いわば近隣なので車でまわれば一気に回れます。とくに福島城は、全く残っていないので(石垣の一部のみ)、小学校構内の説明板を読みながら妄想するだけなので、時間はかかりません。ただし当時の福島城はかなり大規模な城だったにも関わらず、短期間に高田城へと移ってしまうのですが、その理由は謎とされています(水害などによる理由が挙げられますが、立地上十分予想できたでしょうからやはり詳細は不明です)。

 訪問しての印象は、土塁を多用した城で、特に天守台用の三重櫓が石垣にのっていないところでしょうか。土塁の上に直接そびえたちます。内部は公園と学校(本丸は上越教育大学付属中学校、二の丸は上越総合技術高校)の敷地となっていますが、全体としては地方都市の憩いの公園といった感じ。特に外堀の蓮はすごいらしく(訪問時は未開花)、開花時期には東洋一と称される蓮の花で満たされるようです。広大な水堀に囲まれ、瓢箪曲輪をもつ変則的な輪郭式縄張りで、広大な寺町と合わせてかなり強い防衛力を持つ城といえるでしょう。

 古来から越後の重要拠点であるため、変革期には3つの城の変遷があるわけですが、色々なお家の事情も多かったようで、松平忠輝は23歳の時、この城を築城した後、信濃高島城へ配流。これにより上州高崎から移った酒井家の領地なります。
 家康の六男であり、伊達政宗の娘婿にもかかわらず大坂の陣への遅参などを理由に所領の没収ですから、何があったのでしょうかね。親子の葛藤だけで説明しようとするのも無理があると思います。とりわけ遅参といえば、全て本気だったと仮定すれば、二代将軍秀忠による関が原遅参の方が、はるかに重大なことのように思うのですが。

 その後の目まぐるしい藩主交代をみると、佐渡金山の利権と合わせたこの地の重要性が透けて見えてくるのではないでしょうか。









tougouiryo at 2020年11月14日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (会津若松城)

 今回は会津若松城(12・福島)です。押印は平成22年8月21日でしたので、ここも東日本大震災前に押印したことになります。その後一度、訪問し現在は、赤瓦の五重天守という印象ですが、かつては普通の黒瓦で、史実に基づいた「赤」にこれから変えるということで、平成22年の時、赤瓦一枚、裏に名前を書いて寄付してきました。

 元は92万石の蒲生氏郷により、壮大な七重天守が建造されたのがはじまりです。それが1611年の大地震にて傾いてしまい、時の城主、加藤明成により五重に縮小して再建されたものが、会津戦争まで継続された天守となります。現在は1965年復元の天守で、2011年に黒瓦から赤瓦に葺きかえられました。





 歴史的には極めて重要な城で、ご当地では会津戦争ネタが一押しという感じでしょうか。それでも戦国の歴史もはなばなしく、頼朝による東北支配の後、蘆名によって居館(東黒川館)が立てられたことが起源となり、蘆名による領有が続きます。
 その後、米沢の伊達政宗により蘆名義広が「摺上原の戦い」で敗北、政宗が黒川城にはいります。しかしそれもわずか一年で、豊臣秀吉の奥羽仕置により、会津を追われ、かわりに伊勢から蒲生氏郷が入城します。この時、氏郷は出身である近江にちなんで黒川を「若松」に改名します(出身地に近い「若松の杜」に由来するといわれます)。
 その後、氏郷が40歳という若さで亡くなると、続く秀行の代でお家騒動が勃発、宇都宮へ移され、かわりに春日山城から上杉景勝が入ります。ここでまた大イベント発生で、関が原合戦の契機となります。歴史小説的には、石田三成と上杉景勝の共謀による家康の東北への陽動作戦ということになるのですが、実際はどうだったのか?というところでしょう。
 いずれにせよ、この家康への叛旗により関ケ原合戦へと展開していくわけです。しかし敗戦により、上杉は米沢へ移封、再度、蒲生秀行が会津に入るものの、これまた30歳で若死(さらにその子の忠郷も25歳で夭折!短命の家系なのか、呪われているのか…)。次には、「賤ヶ岳の七本槍」加藤嘉明が入城、その子明成が、五重に改築した天守が幕末まで続くのは既に書きました。その明成も会津騒動により所領没収、そして名君、保科正之が入城します。秀忠の隠し子、いよいよ「お江」の目を逃れて世に出ます。ここから幕末のイベントの伏線が開始です。かの名著『風雲児たち』もここから始まります(というかこんなところから始めるから終わらない・笑)

風雲児たち全20巻 完結セット (SPコミックス)
みなもと 太郎
リイド社
2010-11-01



 というように歴史の流れを追うだけでも東北のオールスター登場、からの関が原、そしてそれを引きずって幕末に至っては新政府の敵役、とものがたりに事欠かないお城なのです。そのために北海道・東北ブロックとしては一番最後になってしまいました。




 実際に訪れると、会津観光史観との批判もありますが、二本松少年隊と並ぶ「白虎隊」の悲劇の場でもあり、考えさせられる史跡がたくさんあります。単なる悲劇の場としてだけでなく、おそらく当時も一部の者は実情を知っていたにもかかわらず、末端の若者や婦女子は知らされることなく大義の名のもとに命を落としていたわけです。またこの地は、前述したように伊達、蒲生、加藤、上杉、保科と政治的にもいろいろとありそうな人達が濃厚に関連しています。東北の要衝だから、といった理由だけではないように感じるのは私だけでしょうか。また是非再訪したいお城です。


日本の城 改訂版 5号 (会津若松城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2017-02-14




 

tougouiryo at 2020年11月07日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (仙台城)

 今回は仙台城(8・宮城)です。押印は多賀城同様、平成22年6月27日です。仙台は学会などの開催が多いので、ちょいちょい訪問していたお城ですが、この時も震災前でしたので城内の石垣崩落前に見学することができました。ちなみに当時は(今でも?)本丸跡に、実際の石垣を用いた石垣の組み方のモデルが、年代別に展示してあり、とても勉強になりました。

 仙台市街からぐっと高台に上がるので、とても気持ちよい眺望の城郭です。もう20年以上前になりますが、今ほど城ブームでもなく、また本丸跡が政宗公の銅像付近も含め整備中で壁の仕切りなどもあった頃ですが、二度ほど仙台から出航する「オリエントビーナス」というクルーズ船に乗ったことがあります。その乗船前に、仙台に到着したので、コンビニでおにぎりなどを買い、仙台城からの眺望を楽しみながら食べました。
 ちなみにクルージングを楽しむためでなく、当時ほぼフリーランス状態でしたので船医として乗船していました。1回目はクリスマスクルージングで、2回目はグアムへの青少年の船への乗り込みでした。いま思うとまだ医師4年目なのですが、それゆえに怖いもの知らずだったのでしょうね、そんな思い出のある城です。

 仙台城への登城ルートは2つあり、車で行くと真っ直ぐに上がる「大手門ルート」と、三の丸を巡って山道を曲がりくねって上る「巽門ルート」となります。
 行きは真っ直ぐ大手門ルートから上がり、帰りは巽門ルートで降りるのがおススメです。途中に立派な石垣をたくさん見ることが出来、石垣好きにはたまらないお城です。

 そもそも築城者の独眼竜政宗は、岩出山城を居城としていたのですが、伊達領としては西側に偏った最上領に近い立地だったこともあり、不満があったといわれています。その後、関が原合戦ののちにようやく仙台城の築城にかかることになります。
 この城の特徴は、天守は元からないのですが、広大な城域に三重の隅櫓が4基もあり、加えて懸造(かけづくり)の「眺エイ閣」がありました。
 懸造というのは、崖からせり出した建物を床下から長い柱で支える「清水の舞台」の構造です。当然、見てくれが優雅なことに加え、城下を一望でき、防御としても「横矢」をかけられるという優れものです。復元模型でみるとそのすごさが伝わります。下手な天守よりインパクトあり、といった感じだったでしょうね。

 現在は、二の丸は青葉山公園と東北大学があり、三の丸には仙台市博物館となっており、その広大な縄張りを堪能することができます。最近、仙台を通過することが多いのですが、また久しぶりに尋ねてみたいですね。城の初心者にもおすすめの見やすい城郭です。


日本の城 改訂版 131号 (仙台城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2019-07-16







tougouiryo at 2020年10月31日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (多賀城)

 今回は多賀城(7・宮城)です。押印は平成22年6月27日です。訪問時は東日本大震災の前年ですので、無傷の状態での見学でした。来訪時は、仙台から仙石線で、多賀城へと行き、塩釜で寿司(「しらはた」にて)を食べて帰りました。

 多賀城は東北最大の大和朝廷の拠点といわれ、まさに中央支配の象徴とも言える施設です。国府と鎮守府が置かれ、いわば軍事拠点兼行政府といった極めて重要な場だったわけです。蝦夷など東日本の朝廷支配に従わない勢力を、抑えるための最前線基地で、当時の状況が偲ばれます。
 おそらくはそれよりはるか前には東日本で独立した国家体制があったようですから、そうした勢力の衰退期に、奥へ奥へと調停勢力が版図を広げた結果なのでしょう。以後、坂上田村麻呂により胆沢城が築城され、軍事機能はそちらへ移動されていましたが、前九年・後三年の役においては再度、軍事拠点として利用されていたようです。
 その後、建武新政においては陸奥将軍府がおかれるなどしていたが、南北朝の動乱により落城したようです。いずれにせよかなりの長期間、現役の機能を維持した軍事施設であったようです。
 現在は、当然、政庁跡や外郭の跡などしかないので、のんびりとした、だだっぴろい史跡といった感じです(笑)

 秋田城もそうですが、かなり東北奥部まで当時の大和朝廷の影響が及んでいる様は、戦闘力によるものなのか、政治力なのか分かりませんが圧倒的な差がついていたことがうかがわれます。
 当然、東西で並び立っていた時代もあったでしょうが、どこからかこうした差がついたのでしょうね。鎌倉幕府の西国への影響の強さをみると、それほど東国側が軍事的に劣っていたような気もしないのですが。また蘇我氏も東日本出身説もありますから、かなり早いうちに中央と合体、もしくはその上層を押さえていたりしたのかもしれませんね。

 古代史関係は、前提となる歴史的知識をかなり大胆に外して予想するという大技ができるので、いろいろと楽しい妄想が出来ますね。









多賀城しぐれ
門脇陸男
日本クラウン
1995-01-21




tougouiryo at 2020年10月24日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (根室半島チャシ跡群)

 今回は100名城のラスボスと称される根室半島チャシ跡群(1・北海道)です。具体的にはオンネモトチャシとその周辺をまわりました。押印は平成21年8月28日、根室市歴史と自然の資料館にスタンプがありました。

 このチャシ群は、根室半島の突端にあり、極めて交通アクセスが悪いので、100名城初心者には開始時にはちょっとしたプレッシャーにも感じる「名城」でもあります。そのため、押印は何とか休暇をやりくりして来訪する人が多いのか、資料館が休館だったりするとちょっとしたトラブルになることも多かったようで、当時、資料館の方が恐怖を感じていたようなコメントが印象的でした。
 現在では近隣の駅などでも押印できるみたいなので、状況は改善されたようなのですが。まあ、わざわざ日本の突端近くまできて、押印できないといわれる気持ちも十分察せられるのですがね。現在はネットなどの情報が充実しているので、こうしたトラブルもずいぶんと減ってきていることでしょう。ちなみに続100名城のラスボスといわれているのが「福江城」です・・・と福江城の観光協会の方が自ら言っておりました(笑)

 チャシには、丘先式・面崖式・丘頂式・孤島式・平地式の5つの基本形があるといわれ、オンネモトチャシは面崖式とされています。
 チャシについてはとりわけ東蝦夷地に多く分布することから、日高アイヌ首長のシャクシャインにより築かれたものが多いとされますが、その用途も含めていまだ不明なことも多いようです。ただし、5つの基本形をみると、城の原型として多くの城郭にもあてはまるものが多く、城というものの「おもかげ」を知ることが出来ます。進化による生命の形態の変化も同様ですが、この「おもかげ」をみることでいろいろなことが知れるように思います。ただし、チャシはそれほど古いわけではなく、16〜18世紀にかけて多く出現したもので、和人よりの「渡党(わたりとう)」による「道南十二館」などの拠点に対抗して作られていったようです。

 訪問時は、小雨ふる中で、押印した資料館でチャシへの行き方、駐車場所などを案内図をいただき、車で向かいました。駐車場にあたるところ(わかりにくい)についても、ただの草原で、当然誰もいず、チャシ跡の碑だけがその場所であることを示していただけでした。
 現在は、駐車スペースを含め、当時よりはかなり整備されているようです。そこからは花咲ガニで有名な花咲を経由して(一山越えて)根室に行き、名物「さんま鮨」をたべました。そこで根室のサンマは背中が曲がってしっぽを持つとピンと立つ、ということを教わりました。
 ただ有名な土地のわりに、やはりというべきか、夜は店もほとんどなくとても寂しい印象でした。旅情としての味があるといえば、味があるのですが。帰路は釧路湿原を見てから帰りました。

アイヌ伝承と砦 〔北方新書7〕 (北方新書 (007))
宇田川 洋
北海道出版企画センター
2005-12-15








tougouiryo at 2020年10月17日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (五稜郭)

 今回は五稜郭(2・北海道)です。押印は平成21年5月1日でした。当時は箱館奉行所の復元がされていなかったので(平成22年7月復元公開)、内部はとくに見どころなし、といった状態でしたが、昨年訪問した際、奉行所を見ることが出来、やっと当時を偲べる施設になった感じですね。

 押印時は、ちょうど桜の満開時期でとてもきれいだった記憶があります。ここが満開でしたので、この後の花見ツアーは松前、弘前、角館とほとんど桜が散っておりました。
 最後の和式城郭松前城と対照的に、こちらは欧州の城塞都市に用いられた稜堡式城郭です。同様の星形五角形は、佐久の龍岡城とここだけですが、龍岡城は極めて小さく堀も頑張れば飛び越せそうなくらい(おまけに内部は小学校!)の規模なので比較になりません。また龍岡城は歩いても五角形を感じることができますが、五稜郭はやはりタワーに上らないとその全貌を理解できません。

 ちなみにタワーから見ると、大手口の半月堡がとてもきれいで特徴的なのですが、防御としてもこの部分位がまともな気がします。他の4隅はとても弱そう。他のところもこの半月堡を築けば、横矢もかかるし、強さも出るような気がしていたのですが、その通りらしく、当初は5基すべてに作られる予定だったようです。ただ、やはりというべきが予算が足らず、一基のみということになったようです。

 また欧州では郭内に高い建造物は建てないようなのですが、日本式の軍事施設と居住施設が同居するという形式をとったため奉行所を内部におき、挙句に屋根の上に立派な太鼓櫓をあげてしまったために、艦砲射撃の格好の標的になってしまいました。気づいて慌てて櫓を取り壊すも、すでに射撃角度が知れていたため時すでに遅し、という落ちがついています(艦砲射撃ではこの角度の設定が決定的なのです)。
 加えて五稜郭には、その防御力を補てんするために出城的に、近隣に突貫工事で「四稜郭」が築かれますが、これも数時間で陥落しており、五稜郭の防御力の低さは榎本軍も自覚していたのでしょう。また石垣の構造としては忍返の一形態といわれる跳出石垣が有名で、これは和式城郭では「人吉城」のみに使われているもので、石垣好きには必見ポイントです(龍岡城にもちょろっとあります)。

 奉行所復元後に昨年行って感じたのは、その復元の立派さです。それでも三分の一ほどの復元ということですが、外見の威厳、立派な広間の数々、この3倍もあったかと思うと当時の規模の大きさが偲ばれます。2月の雪降る中の見学でしたので、足が冷え切って寒かったのですが、とても印象的でした。ちなみにその後寒かったので、五稜郭タワー内の五島軒のカレーを食べたのですが、土産に買ったガラムマサラが最高で、後日、再度追加購入したほどでした(笑)

 函館でレンタカーを借りて江差方面に足を延ばすと、かつての蝦夷支配の拠点「勝山館」や榎本脱走艦隊最大の「開陽丸」の復元が見られます。ロータリークラブによる開陽の復元は、これが座礁せずに箱館戦争に参戦していたらどうなっていただろうかと思いを巡らせてしまいます。でも土方ですらおそらく仲間うちで撃たれたのでしょうから、結果は見えていたんでしょうけどね。

 ちなみに荻窪の塩ラーメン「五稜郭」美味しいです!









tougouiryo at 2020年10月10日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (松前城)

 今回は松前城(3・北海道)です。押印は平成21年5月2日、弘前城の前日で、五稜郭からJRバスの乗り継ぎで訪問しました。松前漬けで有名ですが、訪問時は、それほど活況とはいえず、街全体は静かな感じでした。

 最後の和式城郭といわれる松前城は、従来あった福山館を拡張する形で、幕末の沿岸警護を目的として、長沼流の市川一学の縄張りにより築城されました。
 天守は御三階櫓と称されておりましたが、天守台は低く、これは海上からの標的になりにくいように低く抑えられたとされています。また本丸御門も櫓部分がなく低い構造になってなっており、こちらも見栄え重視のためとされています。

 こうした事情を見ると、築城時の状況をしらないと「なんだこれ」ということになってしまうでしょう。現に、海に面した側は何重にも防衛され、いかついのに、裏からまわると「あれ?」といった具合に防御があまい構造です。寺町から簡単に城内へと入れてしまいます。
 当時の絵図でも明らかに後方は手薄です。こうした構造は当然、攻城方にも見透かされるわけで、五稜郭から出撃した土方歳三にわずか1日で落とされています。

 土方は近隣の砲台等を、軍艦「回天」「蟠龍」により海上から援護射撃させ、その間に城内へと侵入をはかりました。文字だけで読むと大変そうですが、実際に防御の低さを見ると納得です。まさに海への警戒しかしていなかった、というのがみてとれます。この城は、最後の和式城郭であることから、城郭建築の到達点とも称されていますが、実際の構造の甘さが、安土桃山の城郭と比較するとけた外れに違う印象をもちます。まさに太平の江戸時代を経て、軍学が形骸化していったかを知る手がかりです。

 これは幕末期の他の城郭にも共通する感じです。実戦の空気のようなものがないと、あきらかにどの分野でも形骸化は進みます。いろいろなしきたりや利権が渦巻くことで身動きが取れなくなる、ということも多いのではないでしょうか。(それでも内部では真剣にやっているという感じがしてしまうものなんでしょうね)

 医学においても、乱世において成立した傷寒論に比べ、安定期の医学書は理論を振り回す傾向が強く、それでいて効果は前者に比べぼやける傾向です。議論や理論が先行し、現実を見つめるプラグマティックな視点が不足している感じがします。
 机上の空論による弊害を城によっても考えさせられる例でした。


日本の城 50号 (松前城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2013-12-24






tougouiryo at 2020年10月03日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (弘前城)

 今回は弘前城(4.青森)です。押印は平成21年5月3日で、城巡りを始めて日が浅かったので、当時は城巡りツアーみたいのが確か無かったので、花見ツアー(どこかで桜の開花が見られる!)というツアーに参加して押印しました。その後、弘前で2月に定期的に、統合医療を考える若手の合宿をやっていたので、雪の弘前城は何度か訪れています。有名な雪灯籠祭りなんかも行きました。
 城好きには桜の季節は面倒なので、それ以外が静かに城郭を堪能できると思います。移動していた三重櫓も元の位置に戻ったようですし、是非また再訪したいお城です。

 弘前城は、弘前藩初代津軽為信が計画し、続く二代目信枚が完成させたといわれます。青森における津軽と八戸の確執の話を根城のところで書きましたが、この遠因が、津軽為信にあり、津軽(大浦)氏もともとは南部氏であったとする見方があります。
 それが三戸南部の混乱に乗じて力を持つようになり、ついには津軽地方を統一し、弘前藩を立藩するに至ります。元の主筋と隣接しているわけですから、主筋の南部としてもそれは仲良くというわけにはいかないでしょう。
 そうとはいえ、弘前では津軽為信は英雄です。風水の思想を入れて、高岡という地を選定して築城し、今日の弘前城となります。弘前公園として、非常に大きく現存の建造物も多く、本当に立派な城郭です。追手門から入り、亀甲門まで見て歩くとかなりの満足度です。遠景の岩木山も素晴らしいです。

 ちなみに弘前人自慢の「さくら」ですが、もとから咲いていたわけではなく、明治になって荒廃した弘前城を旧藩士菊池楯衛が、ソメイヨシノ1000本植栽したのが始まりとされます。
 しかし、お城にさくらを植えるということは、当時の士族の強い反対にあい、ほとんどの苗木が抜かれたりと大変だったようです。その後大正期あたりから「観桜会」などが開催され、現在の素晴らしい「さくら」になっていくようです。
 この桜を育てる技術は、リンゴ栽培の高い技術が関係しているということで、確かに両方ともバラ科ですから、ノウハウがたくさん蓄積されているのでしょうね。

 弘前を訪れると、地元の先生ご推薦の「煮干しラーメン」のお店に連れて行ってもらっておりました。また青森まで戻り、足を延ばすと、浅虫温泉もあり、とてもいいところです。青森駅近くの「アウガ」に市場があり、いつもそこで刺身や海鮮丼を食べていたのですが、現在、あるのでしょうか、また行って確認したいです…


弘前城 (PHPムック)
西ヶ谷 恭弘
PHP研究所
2010-03-26







tougouiryo at 2020年09月26日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (根城)

 今回は陸奥における南朝の拠点、根城(5・青森)です。押印は盛岡城の訪問後、平成23年2月11日です。この一か月後の震災により、この根城は地割れにみまわれてしまうので、地割れ前に訪問することが出来ました。
 当時は雪降る中の訪問で、この後、八戸城跡にも立ち寄りました。現在は地割れは復旧されているようです。現在は馬淵川にそった丘にあるような形ですが、かつては、両側を沢に囲まれ、各曲輪も堀切で仕切られていたようです。1994年に復元が完成したばかりで、とてもよく整備されていました。

 築城の歴史は古く、鎌倉幕府滅亡の翌年1334年建武元年、南部師行によります。南部氏はそもそも甲斐源氏の出で、甲斐の巨摩郡南部牧を領したことから南部といったようで、この師行が北畠顕家に同行して最初に陸奥へと赴いたようです。ちなみに九州諸城の城主が静岡由来が多いのに対し、こちらは山梨です。こうして中央の権威が地方へと拡散していく様子がみてとれます。

 南朝方の根本となる城という願いで名づけられたものの、師行が北畠顕家ともども高師直に敗戦、戦死すると、弟の政長が家督を継ぎ、その後、政光の代には甲斐の所領を離れてこの根城に移ってきています。
 ここから八戸南部が成立し、八戸氏、七戸氏となったのですが、後に秀吉に近づいた三戸南部によりその支配下に組み込まれてしまいました。さすが時の権力者にすり寄ったものがちですね。
 ちなみに、ここ八戸は青森県なのですが、こうした歴史から見ると明らかに、盛岡のある岩手県と密接な関連があることがうかがわれます。本来なら岩手県となっていても良いような土地柄です。新幹線に乗っても八戸から新青森は山深いためほとんどがトンネルで真っ暗です。つまり津軽と八戸は本来別とも言える地域で、さらには津軽氏との確執も加わり、現在でも、そうした感情は地域の方には根強いようです。
 私の行きつけのすし屋の大将は、この根城近くの方なのですが、津軽への八戸の複雑な思いをお聞きしたことがあります。明治維新後の廃藩置県に伴っていろいろな事情があったのでしょう。こうしたご当地の事情も、実際に廻ってみて初めて知ることばかりです。ちなみにこの時に行った八戸駅の居酒屋は、再訪時には再開発されてなくなっており、昨年八戸に行った時には、駅前のビルで海藻ラーメンとヒラメ丼を食べました。

八戸根城と南部家文書
根城史跡保存会
国書刊行会
1989-05T





いちご煮 415g
味の加久の屋


tougouiryo at 2020年09月19日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (人吉城)

 2020年7月の人吉を含む熊本県南を中心とした豪雨により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。以前の姿にむけた一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。(本ブログは同年5月に記載しております)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回は人吉城(93・熊本)です。鹿児島での学会の帰りに足を延ばしての訪問で、押印は平成25年6月2日で、スタンプは人吉城歴史館にありました。熊本といってもかなり鹿児島よりで、ひっそりとした水のきれいな小京都といった佇まいの街でした。

 西南戦争では、薩摩軍がここを拠点に政府軍と戦っていますが、敗退。近隣には西郷隆盛が本陣を設けた永国寺があります。このお寺は通称「幽霊寺」で、幽霊の掛け軸が有名なお寺で、なかなかに気味の悪い幽霊画を見ることが出来ます。
 球磨焼酎で有名な地だけに、焼酎蔵もあり、城郭の敷地内に駐車して、散策するのに最適の街でした。球磨川をわたり人吉市街でうなぎ(うな志げ)を食べ、国宝の青井阿蘇神社(司馬遼太郎絶賛ということです)をみて、幽霊寺により、市役所を過ぎたところで、元湯温泉という銭湯に入りました。とてもゆったりとした時間が流れる、いつまでも居たくなる城下町でした。

 球磨川ごしの長塀の写真が有名で、城内に入ると、はね出しのある石垣が見どころとされます。これは、幕末導入された工法で、五稜郭やお台場などでは普通にみれますが、旧来の城郭に採用された例としてはこの城が唯一といわれています。
 歴史館として「相良清兵衛屋敷」が建てられ、非常に見学もしやすかったです。城郭としては河川に近いところがいわゆる近世城郭で、中世城郭はその奥に平山城として広がっており、かなりの敷地があります。中世人吉城を領した相良氏はそもそも源頼朝の命により、静岡県牧ノ原市相良から地頭として着任したといわれ、現在も姉妹市の関係があるようです。
 この相良氏に限らず、こうした地頭の派遣が遠方における領主の起源となっていることは九州では珍しくなく、他にも姉妹関係を結ぶ市が多くあり、その関連の強さがうかがわれます。

 どうしてそうしたことになったのかということを考えると少し面白いのですが、古代史を見ると神武東征に代表されるように西から東へと影響力が及んでいくのがふつうです。
 それが、鎌倉幕府の成立により、東国から西国へと部下が派遣されるわけです。つまり北方騎馬民族の流れを受けた政権が、それまでの大陸由来の勢力を圧倒していくという構図です。それが戦国期にまで続くわけですから、戦闘能力も統治能力もともに従来勢力をしのいでいたということになるでしょう。

 こうしたと東西勢力のうねりのようなものも、城巡りでは感じることができるのが醍醐味ですね。医学もそうですが、内側からの視点だけでは決してみることのできない、外側からの視点により、歴史における構造的な理解を進めることができるわけです。








tougouiryo at 2020年09月16日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (盛岡城)

 今回は盛岡城(6・岩手)です。押印は平成23年2月11日、プラザおでってにてスタンプを押しました。この年から、5,6年ほど連続で、統合医療の若手の合宿が弘前であったので毎年2月になると東北に行っておりました。

 押印の日をみて頂くとわかるのですが、始めに訪問した時から一か月で東日本大震災となります。初めて行く青森に直接ではもったいないので、盛岡にて途中下車して、開店したての冷麺屋さんで冷麺を食べてから訪問しました。

 2月にはこのあともう一度行っているのですが、城内が雪に埋もれて、ときに雪がかたく固まっているので、階段や坂を上るのが大変で、二度目からは滑り止めスパイクをつけて上りました。雪降る中の二月の盛岡城ですから当然、ほとんど人もいないので、とても静寂な訪問となりました。御台所屋敷跡の広場の四阿で石垣をみながらのんびりし、桜山神社の烏帽子岩を見てから、道路を渡った内丸にあたるところに来ると「じゃじゃ麺」のお店が行列になっていたので並んで食べました。
 旅行の最終目的地前の途中下車が、なんとも言えず大好きなので、ここの訪問はとても印象深く残っております。

 盛岡城は、、会津若松城、白河小峰城と並んで「東北三名城」に数えられ、南部三代40年にわたって関ケ原の合戦をはさんで築城された城です。そもそも不来方(こずかた)と呼ばれる地に、盛り上がり栄える岡になるようにということで「盛岡」と改名され、盛岡城となったようです。ただ石川啄木のうたでも、こずかたを使っていますから庶民感覚として「不来方城」の方が後付けの名称より通りが良かったのかもしれません。

 築城を開始した南部信直は、いち早く豊臣秀吉に接近したことで本領安堵されるも、その後、九戸政実の乱も招いています。ちなみにこの乱は、秀吉政権に逆らった戦国最後の戦いとして、また東北の無念として小説の題材にもなっており(冬を待つ城)、なかなかの激戦で、結末も悲惨です(秀吉軍15万VS籠城方三千!)。
 この乱の後、一時、九戸城に南部信直は入りますが、領土運営の不便から盛岡城築城に至りました。その後は、明治維新に至るまで南部の居城として、続いていきました。

 市街の中心にあるアクセスの良い城です。公園としての市民に愛されている城郭だなあという印象で、最近、東北を回っていなのでまた行ってみたくなりました。今度は「わんこそば」挑戦してみたいです。




冬を待つ城 (新潮文庫)
龍太郎, 安部
新潮社
2017-09-28





tougouiryo at 2020年09月12日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (首里城)

 今回は沖縄編ラストで、首里城(100・沖縄)です。現在は火災により焼失してしまいましたが、押印は平成24年11月2日で、それ以前に一度訪問していたので2度目の訪問時でした。そして残念ながら火災前としてはそれが最後になってしまいました。新婚旅行が沖縄でしたので、首里城はその時に初めて訪問したのが印象的です。
 歴史的には、すでに1660年と1709年に失火により焼失しており、1945年太平洋戦争時には米軍の砲撃により焼失、その五年後には城跡が琉球大学になっております。その後平成4年に、復元工事が完了し一般公開されました。

 琉球統一の覇者、尚巴志により、当時の拠点である浦添城から本拠を移す形で、現在の首里城が整備されました。
 14〜15世紀にかけてのいわゆる「三山時代」においては、中山・南山・北山の勢力が鼎立する戦乱の時代で、これを中山の尚巴志が統一し、琉球統一がなされました。尚巴志は南部の一地方勢力にすぎませんでしたが、浦添城を攻略して中山を手中に収め首里城を中心とし、1416年今帰仁城を拠点とする北山を、1429年島尻大里城を拠点とする南山を平定しました。こうした平定後、ほどなくして「護佐丸・阿麻和利の乱」が勃発しているわけですから当時としては、統治状態が十分固まっていたわけではなかったことがうかがわれます。つまり後知恵では、中山王尚巴志と反乱者阿麻和利、という構図になりますが、ともに小勢力ないしは下級民からの出身と考えると、本土における下剋上のようなものですから似た者同士といえなくもありません。いずれにせよ群雄割拠の動乱期だったでしょうから、当然、城郭の建造が発達し、主な城はこの時代に集中してくるわけです。

 首里城を訪問した際は、その正殿の復元の立派さもさることながら、様々な構造の城門に目が行きます。明らかに中国の影響を強く受けたその形態は、本土の城郭との差を強く感じさせてくれます。また城外の御嶽では、訪問時は2度とも、人々が集まって法事ののような祭事が行われていました。その姿がかなり自然で日常的な風景だったのもとても印象に残っています。
 ここ以外のグスクでも同様ですが、内部の御嶽が現在でも住民と共にあるような形ですので、これらの宗教的重要性も改めてかんじさせてくれています。

 火災前には、首里城前を車で通過したのですが、まさかこうしたことになるとは思わず、次の機会に訪問すればいいやと思い、スルーしてしまったのが今となっては後悔です。新たな復興の日を、心待ちにしております。

報道写真集 首里城
沖縄タイムス社
2019-11-15






 

tougouiryo at 2020年09月09日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (久保田城)

 今回は久保田城(9・秋田)です。押印は平成23年8月20日です。秋田なので秋田城と思うところですが、秋田城は「あきたのき」と称された大和朝廷の拠点で、駅からも遠い別の場所にあります。いわゆる戦国のお城ではありません。

 そもそもこの辺りは安東氏の領有地だったのですが、関が原による国替えにより佐竹氏が入り、今でも佐竹氏がトップですね。佐竹義宣が、出羽湊城に当初入り、翌年にこの久保田城を築城しております。度重なる火災を受けている割には戊辰戦争の戦火は免れ、消失せずに明治を迎えたようですが、明治13年の火災によりほぼ全焼したようです。
 そのため写真に使われる三重の天守のような建造物は、新兵具御隅櫓でこれも実際は二重だったようです。本当の天守の代用は出御書院という二階建ての建造物だったようなのですが、これは全焼してしまったようです。

 佐竹の国替えについてはいろいろと俗説が言われていますが、一番有名なのは、水戸から美人をすべて連れて行ったので、秋田には美人が多く、水戸はその反対になった(笑)というもの。
 加えて、この久保田城も関ケ原の敗戦を受けて、幕府に遠慮した結果、豪壮な石垣などを用いないように建造したというもの。なんとなくそれっぽい理由がついているのですが、実際は、穴太衆のような石垣を組める職人集団がいなかったというのが実情なようで、元が関東の権力者ですから、土塁による築城がメインです。加えて見た目は地味ですが、実勢においては石垣よりも土塁の方が防御力も高いといわれ、思い込みの要素が強いのでしょう。
 こうした観点は歴史を知るうえでとても重要で、時折、史跡の解説などもどうしたことか明らかに間違ったこうした俗説のようなものが書いてあることはめずらしくありません。いろいろと総合的に考えて判断するということは、医学だけでなくさまざまな場面で大切だという証左ですね。

 ちなみに秋田美人が多いというのはロシア方面の遺伝子が入っていることも理由の一つとされますが(ハーフでもないのに青い目の人ってたまにいますよね)、昔は鎖国なのにそんなことないとか考えていましたが、結構、古来より行き来は盛んだったようで、その可能性は高いと思います。はじめに紹介した秋田城には、外国人向けの水洗トイレもあったといわれるくらいですから。
 さらに、近年、鎖国というシステムは従来、教科書に書かれているほど厳密でないことも話題になっていますね。教科書から削除されるか、といったことが話題になっていましたね。江戸時代の鎖国や士農工商(これも当時ことばとして使われていなかったらしいですし)といったイメージも思い込みの要素も少なくないのかもしれません。
 実際の様子は、教科書だけではわからないのですから、洞察力をたかめて想像をたくましくしていかなければわからないことも多いのかもしれません。城巡りの醍醐味も、そうした洞察と妄想が、最高の武器になると思います(笑)











佐々木希写真集/「ささきき」
佐々木 希
集英社
2013-09-05



tougouiryo at 2020年09月05日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (勝連城)

 今回は勝連城(続200・沖縄)です。押印は2019年9月29日で、二度目の訪問時でした。100(200)名城の最終番号のお城です。

 城跡の道路向かいにある休憩所に駐車して、登城するのですが、初見での印象の極めて強いお城ですね。白い城壁が、半島の丘陵をうねるように上っていくさまは遠方からもはっきりと見え、さすが世界遺産、といった感じです。
 かつては駐車場から、西原御門を経て、四の曲輪へ真っ直ぐに歩いて行けたのですが、押印時の訪問では、かなり手前から見学用の階段が設置され、そこから三の曲輪へと上がる新たなルートができていました。見学はしやすいかたちになったといえるでしょうが、少し手がかかりすぎたような感じもしました。

 護佐丸を追い落とした阿麻和利の居城で、謀略による護佐丸排除後、自らもまた謀反が発覚し追い落とされてしまうという運命です。護佐丸を中心に見ると、悪者的立ち位置なのですが、この阿麻和利は優れた人物であることは間違いないようで、農民の地位からこの地方の首長にまでのしあがり、その勢いをかって中山王の支配を奪取しようと画策しました。結局は失敗するので「護佐丸・阿麻和利の乱」のようなくくりになってしまいますが、歴史が少し違った流れになっていれば、一時代を画す英雄となったとも言えるのではないでしょうか。
 時は室町時代に重なるので、本土の歴史で言えば下剋上の時代ですから、歴史的には日本史としてシンクロした流れといえるでしょう。阿麻和利討ち死にの後は、この城は廃城となってしまいますが、城内には御嶽があり、信仰の対象として存続していったようです。本土の城と同様に、信仰の場が城郭に吸収された経緯があるのでしょうから、そうした意義としては共通点を感じますね。

 見学後、近くの漁港で海鮮丼を食べたのです、エビの海鮮丼を注文してみるとエビが揚っていたのは衝撃でした。南方における鮮度の問題もあるのでしょうが、漁港でも海鮮を揚げてしまうのですから、ご当地の方はやはりそうとう揚げ物好きなのですね。




tougouiryo at 2020年09月02日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (山形城)

 今回は山形城(10・山形)です。押印は平成22年8月20日で、最上義光歴史観にてスタンプを押しました。ここは、市街地の公園型の城郭で、歴史館から城へ向かうと奥羽本線をまたいで大手口に至ります。中には体育館やら博物館、野球場までありました。訪問時は本丸など中央部を含め、整備中でしたので、現在はかなり充実しているのではないでしょうか。

 かなり規模の大きなお城で、最上57万石時の大改修後、鳥居忠政の整備により現在の形になったとされ、奥羽地方最大規模の城郭です。全国でも五指に入るといわれます。城内にはご当地の英雄、最上義光公の躍動感あふれる騎馬像があり、大手口を出たところにはその歴史館もあります。一押し感が伝わります。歴史館では、スタンプを押して早々に城内へ行きたかったのですが、これまたご当地あるあるで、地域の英雄、最上義光公を愛してやまない説明ボランティアさんにつかまり、延々と二時間以上も解説されたのを今でも覚えております(笑)

 あまりに規模が大きかったにも関わらず、江戸時代になってからは石高の小さな大名しか城主とならなかったことで、整備に手が回らず、荒廃していったようです。さらには天保の改革の失敗に伴う水野忠精の入城に見られるように、一種の左遷の地として見られていたようです。とにかく頂点は最上時代なわけです。

 歴史的には「東北の関が原」とも称される長谷堂城の戦いが重要です。関ケ原の前段として、直江兼続が最上領に進軍し、本城である山形城に攻めあがるはずが、長谷堂城で手間取っている間に関が原での決着がついてしまい、結果として落とせず、会津若松にまで撤退しています。
 一説では、上杉・石田による挟撃戦が模索されたとも言われますが、結局は東西において西軍敗北となってしまうわけです。但し、挟撃説は現在では疑問視されていますが・・・歴史小説では前半のクライマックスですよね。








日本の特別地域 特別編集61 これでいいのか 山形県
土屋幸仁
マイクロマガジン社
2014-09-08


tougouiryo at 2020年08月29日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (中城城)

 今回は中城城(99・沖縄)です。押印は平成24年11月2日ですが、それからも2度ほど訪問しています。
 城自体は14世紀ごろ、今帰仁城城主の子孫が築城したとされています。その後、座喜味から移った名将、護佐丸により大規模に改修され、王府の直轄地を経て、なんと戦前まで村の施設として使用されていたようです。最初の沖縄ジャングルカンファレンスの際に、旧メンバーでレンタカーで訪問したのが懐かしいです。
 中山王下の名将護佐丸が、当時急速に台頭してきた勝連城の阿麻和利への抑えとして入城し、郭を増築し防御を固めました。このとき増築された北の郭は、重要な水源であるウフガー(大井戸)を取り囲む形で築城され、このウフガーは三の郭の横から、下へ階段を下りていくと現在でも水をたたえています。立派な大井戸がちゃんと城内にあるんだ、という印象が強く残っています。
 駐車場から、管理棟を経て上っていくと、三、二、一の郭の順に連郭式になっており、各々の横に北、西、南の郭が位置しています。訪問時は一の郭、南の郭が一部発掘調査中でした。当然ながら眺望の良いところに築城されていて、太平洋が一望でき、街道の往来も良く見えたことでしょう。
 これほどの築城をした護佐丸でしたが、当時、天下奪取の野望を抱く阿麻和利による陰謀(謀反の企みありとする密告)により、王府から討伐軍が向けられ、抵抗することもなく自害したといわれます。忠臣が、はめられて落命するというストーリーは、なんとなく三国志をはじめとする中国の歴史の流れを彷彿とするものですね。文化的な影響も大きかったのでしょうね。


日本の城 改訂版 35号 (中城城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2017-09-12







沖縄世界遺産写真集シリーズ 06 中城城跡
三上 一行
ゴマブックス株式会社
2015-01-29



tougouiryo at 2020年08月26日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (二本松城)

 今回は二本松城(11・福島)です。押印は白河小峰城同様、平成22年8月19日です。白河小峰城と連動して、戊辰戦争での悲劇の地とされます。また城に興味のない人にとっては、菊人形、菊の祭典として有名な地です。ただここの歴史を知ると、菊という花のイメージと重なり、なんとも寂しげな印象を強く持ってしまうのは私だけでしょうか。

 二本松城は、白河小峰城の丹羽長重の息子、光重が白河から移ったのちに大改修を行った城です。父子二代にわたって旧来の城郭を大改修し後の世につなげているとういのは、さすが築城名人といわれる家系です。(以下余談、長重の父、丹羽長秀は、「積聚」といわれる寄生虫によりなくなったといわれ、今でいう回虫らしいのですが、火葬後にも焼けつくされず出てきて鳥のような形だったそうです。伝統医学としては積聚は他の捉え方もされますが、この時期にハラノムシを記載した『針聞書』が書かれムシについての関心の高まっていた時代だけに長秀のエピソードは医学的に興味深いです。ちなみに「積聚」は、同書では絵入りで鼈甲を煎じて内服すれば消滅する、と書かれております)

 戊辰戦争においては、二本松藩は奥羽越列藩同盟に入り、白河小峰城の奪還を会津藩から要請されたことで、主力兵力が白河口へ向かいます。そこで兵力が釘付けにされた結果、城下の防衛は老人と少年のみに任されてしまい、悲劇の象徴といわれる二本松少年隊が結成されます。
 この隊の顛末は白虎隊と似ており、二本松城落城が伝わらなかったことで少年隊は新政府軍との戦闘を開始、18名の少年が戦死したといわれます。また家老らも城に火を放ち自刃したといわれます。
 会津戦争へのプロセスだけに悲劇的な戦闘が続くわけですが、このあたりは小田原攻めの際の八王子城落城と重なります。現在は城の千人溜に、二本松少年隊群像が静かに建てられております。

 山頂部には眺めの良い天守台や櫓台があり、とても気持ちよかった記憶があるのですが、これも東日本大震災でダメージを受け、櫓台や三の丸などの石垣にハラミ、飛び出し、地割れも生じたようです。ただしこれも2013年には本丸石垣の復旧は終了したようですので、再訪したいですね。





数学者が見た 二本松戦争
渡部 由輝
並木書房
2011-05-31




番外
『針聞書』 虫の知らせ
長野 仁
ジェイ・キャスト
2007-11-01




tougouiryo at 2020年08月22日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (座喜味城)

 今回は座喜味城(続199・沖縄)です。押印は2019年9月28日で、この時は二度目の訪問でした。かつての歴史民俗資料館がリニューアルオープンされており、かつてよりこぎれいに整備された印象でした。この時は沖縄ジャングルカンファレンスで、第1日目が読谷村診療所での開催でしたので、その開始前に訪問してきました。(この時は読谷村診療所の多鹿先生と近隣の鍼灸師の野口先生のお力添えにて、カンファレンスが成功裏に終了しました。その後、2人の先生にはスカイプを用いた遠隔カンファレンスにもご協力いただき現在のオンライン形式の基本とすることが出来ました。ここにあらためて感謝したいと思います)

 この城は、琉球の築城名手、護佐丸による築城とされます。彼は尚巴志に従い、北山の今帰仁城攻めの後に入城したといわれ、その後、勝連城の動きを監視するため中山王の命により中城城へと移ったとされます。
 しかし、ここに阿麻和利との確執が始まり、阿麻和利の計略にはまった護佐丸は中山王に討伐されてしまいます。ここだけ聞くと、一方的にかわいそうな話しなのですが、一説では中城湾における交易の利権をめぐる双方の覇権争いだったというのですが、そちらが実態に近いのでしょう。

 城の形態としては、複雑な曲線を組み合わせた縄張りで、星形のようにも見えるので変形版の五稜郭みたいに見えなくもありません。複雑に曲がらせることで横矢をかけやすくするという意図なのでしょうか。内部の構造としてもアーチ門をくぐって内部に入り込む形で、構造的にも複雑で、かつとても美しい建造物です。
 今回訪問時は、欧米人の撮影隊が何やら撮影しておりましたが、そうした映像にもとても映える建造物だと思います。


沖縄世界遺産写真集シリーズ03 世界遺産 座喜味城跡
三上 一行
ゴマブックス株式会社
2014-08-29








tougouiryo at 2020年08月19日05:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (白河小峰城)

 今回は白河小峰城(13・福島)です。スタンプの押印は平成22年8月19日で、三重櫓の受付にて押しました。
 東北の城郭は東日本大震災の影響で、かなりダメージを受けたところも多いのですが、その前年や直前に回っていたことが多いので、損傷前に見ている印象となります。ここも前年の夏ですから、その半年後に震災となり、とりわけ、本丸南面石垣は大きく崩落して、その様子は当時映像でも流されていました。2011年の12月から修復が開始し、現在は復元されているようですので、是非また再訪してみたいと思います。

 この城は事実上、丹羽長重が築城したようなものといわれ、近隣の棚倉から移動し初代白河藩主となりました。ちなみにそれまでいた棚倉の前任は、関が原の敗戦により所領没収されていた立花宗茂で、宗茂が旧領の九州柳川に復帰を果たしたのちに長重が着任します。九州の立花宗茂が、一時ながら東北とからむという興味深い事例の場でもあります。

 訪問時は、こじんまりとまとまった城郭で、きれいに整備されていたのが印象的でした。そもそもは大分府内城同様に、梯郭式で作られていたようです。1991年に三重櫓、1994年に前御門が、木造で復元され、これを機に「平成の復元ブーム」が起きたといわれます。この後、全国的に木造復元が行われ、更なる城ブームとなっていくわけです。そうした端緒がこの城で、当時からそうした気概がみてとれました。

 復元された三重櫓は、そもそも戊辰戦争により消失したもので、歴史的には、当時、二本松藩の預かりとなっていた白河藩領は奥羽越列藩同盟の一角として、新政府軍の東北進軍の攻撃対象となりました。そうして消失したものが、ようやく復元され全国的知名度が上がっている最中での震災ならびに原発事故だったわけです。
 土地柄、東北の玄関口、白河の関の跡地も近在にあり、そこにも立ち寄りました。
 ここ白河は古来からの東北の入り口だけに、新政府軍によりここを突破され、戊辰戦争は悲惨な会津戦争へと突き進むことになるのです。





日本の城 改訂版 103号 (白河小峰城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2019-01-04



tougouiryo at 2020年08月15日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (佐倉城)

 巨大な角馬出で有名な佐倉城(20・千葉)です。押印は平成21年3月8日で、まだ城めぐりに慣れていないころだったので、押印場所でスタンプがたくさん押してある「先輩」のスタンプ帳をみて、ビビったのを覚えております(笑)。当時は関東限定の(子供用の)100名城スタンプ台紙があったんです。

 そもそも千葉氏による本佐倉城(こちらの方が戦国の城の趣があって好きです)があり、当初は「鹿島城」と称されたようですが、小田原平定後、千葉氏が滅亡し、徳川の領地となり江戸防衛の要衝として整備され、代々、譜代大名が城主となっています。「老中の城」とも呼ばれる城です。東北方面からの抑えとして、水戸ともども防衛の拠点といえます。

 本佐倉城をめぐって、佐倉城に至ると、ここにも小田原攻めによる関東の変容を感じることができます。また城内には、椎木曲輪に「国立歴史民俗博物館」が建っており、こちらも見どころ満載です。敷地はかなり広い公園といった感じで、初心者でも見やすい城郭です。駅からちょっと遠いので帰りに、雨が降ってきたので、タクシーを呼んで寒い中まっていた記憶があります。

 巨大な角馬出が「歴博」のまえにあり、三重天守があったとされる天守台や巨大な空堀など、大規模な城郭を感じることができます。本佐倉との比較でみるとより時代を感じることができるでしょう。幕末の「開国の父」堀田正睦の銅像もあり、幕末ファンにもおすすめです。 

 休日にちょこっと行ける感じのアクセスの比較的良いお城です。















tougouiryo at 2020年08月08日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (岡城)

 今回は岡城(95・大分)です。押印は平成29年7月1日で、総役所跡にスタンプがありました。そこから歩いて本丸に向かいます。途中、土産物屋が連なり滝廉太郎作曲「荒城の月」が大音量で流れていました。その先の、岡城の碑を右手に上っていくのですが、ここは、かの城好きには有名なミュージシャン中島卓偉の幼少期に父上と写真を撮った名所でもあります(笑)

 そもそもは緒方氏により源義経を迎えるために築城されたとも伝わるだけにとても古い歴史ある城です。戦国期には、大友と島津による「豊薩戦争」の舞台になり、島津軍を何度も撃退しています。その後、播磨の三木城から中川清秀の息子、秀成が入城し、以後明治まで中川氏の城となりますが、廃藩置県により中川氏の東京移住に伴い廃城となります。

 入り組んだ高石垣がとても立派な城郭で、とりわけ三の丸の高石垣が有名です。大手門もすばらしく、西の丸御殿への階段は、ちょっとした中国宮殿風です。そこから本丸へ向かうと、西中仕切跡という両側絶壁の最も狭い虎口を通り、三の丸、本丸に至ります。二の丸は本丸から接続し、当時としては珍しい風呂屋や月見櫓などの遊興施設を備えていたようです。二の丸には滝廉太郎の銅像もありました。山上からの眺めもとてもよかったです。「荒城の月」通りに、石垣の素晴らしい、見どころ満載の山城でした。

 下城後は、車で「名水入田コットン水車」に行きました。名水河宇田湧水に隣接したラーメン屋さんなのですが、なんと博多一風堂プロデュースです。こんな田舎に、と思いながら食べると、見かけはシンプルなんですが本当に美味しかったです!煮玉子中華そば大盛を食べました。また岡城に行って、ここのラーメンを食べたいです!



大分の名水50選 (九州十色)
おおいたインフォメーションハウス
2003-10-01



 

tougouiryo at 2020年08月05日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (春日山城)

 上杉謙信で名高い春日山城(32・新潟)です。押印は平成21年8月15日で、帰省の途中に立ち寄りました。上越の方にはそれまで行ったことがなかったので、城めぐりしていなければ、ずっと行くこともなかったでしょう。直江兼続ばやりの頃だったと思います。

 そもそも南北朝期には詰城として築かれた城で、後に戦国大名化した長尾氏により整備され、謙信によって大掛かりに整備され完成したとされます。大河ドラマの影響もあってかなり、山麓の総構や土塁などが復元され、ものがたり館など付属施設も充実しとても見やすく、迫力のある城でした。戦国の山城好きにはもってこいといった城で、山全体に曲輪が配置され、規模も大きく見ごたえがありました。
 ものがたり館で押印してから、車で駐車場までまわり、謙信の銅像前から大手道を歩きはじめます。三の丸、二の丸、景勝屋敷とまわり本丸へ。本丸からの眺めはとてもよく、上杉謙信になった気分です。天守台はあるのですが、天守は作られなかったようで、近くには現在でも水がある大井戸をもつ井戸曲輪もあります。
 少し降りたところからは本丸へは崖を切ってよじ登ることが出来ないように、当時は油をまいて滑りやすくしていたようです。火災には特に気を付けていたという謙信のエピソードからすると油?って感じなのですが、確かに滑って上れなそうでした。そこからは毘沙門堂(よく大河ドラマなんかで謙信が籠ってますね)、直江屋敷をめぐって春日山神社まで戻ってこれます。

 謙信が戦の合間を縫って何年もかけながら増築し築き上げた巨大な城郭です一度だけの訪問でしたが、是非また再訪してみたい城郭です。帰路は、御館の乱の舞台となった「御館跡」に寄りました。現在はただの公園、といった感じですが、ここが、この春日山城の真価が問われた戦いである「御館の乱」の舞台なので、是非とも寄っておかなければと思いました。春日山との実際の距離感も分かります。
 無敵の謙信だっただけに存命中は、春日山まで攻めてくるものもなく、城の機能が試されることもなかったのですが、死後の跡目争いで、皮肉なことにその真価が発揮されました。北条と連携した上杉景虎の攻城にも春日山城は火災を出すこともなく守り抜き、結果、春日山城を押さえた上杉景勝側の勝利となります。この城の鉄壁の守備が、決定打となったといえます。

 戦においては無敵であった、謙信ですがこの跡目争いをみると、あまり近親の内政については得意でなかったようです。とりわけ、この景虎のふるまいから見ると、謙信の不条理な情念のようなものも感じます。依怙贔屓というか溺愛、もっというと変な愛情のようなものもあったのではないかと勘繰ります。
 そもそも謙信には「女性説」が根強く、ときに馬鹿にされますが、医学的には可能性が高いように思います。月に一度、不機嫌な時が多く見受けられたそうですし、酒を多く飲んだとしても、50代でのくも膜下出血、という死因を考えると、臨床的には女性のエピソードです。また、情に厚く一見男らしい豪快なエピソードがありますが、これもどこか宝塚的なにおいを感じます。男というものは、女性の思うような男でないほうがしばしばであることは言うまでもないですよね。景虎への偏愛も、このストーリーで考えると理解しやすいのです。でもそんなことあるかな?、と思う方、井伊直「虎」も女性とされていますし、そもそも謙信の名前は景「虎」なんですよね。










tougouiryo at 2020年08月01日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (大分府内城)

 今回は大分府内城(94・大分)です。押印は平成29年6月30日で、大手門のところにスタンプ台がありました。

 かつては望楼型白亜の四重天守があがっており多数の櫓を有し、河口付近で海も近い梯郭式の巧みな縄張りの城郭だったようです。が、現在は、街中の城で、駐車場探しも大変。神社を越えると、廊下橋があり、人質櫓や天守台なども見え、期待が高まるのですが、かつての西の丸、内々堀にあたるまさに城郭内部が広大な駐車場になっており、期待外れです。大手門や櫓など外郭は立派なのですが、中身が空洞、といった感じでちょっとがっかりな印象でした。

 ただし元は、大きな内堀、外堀に囲まれ、海城といってもよい壮大な城郭だったようですが、いかんせん埋め立てられ、完全に市街地化されてしまっております。こうまでなると、なかなか想像だけでは補えませんね。天守台に登り、何とか往時を妄想するのが関の山です。
 それでも西南戦争時には、中津隊による城への攻撃を撃退しており、強い城であることは間違いないようです。

 大分では、早川光さんが鮨番組で紹介していた、江戸前ずしの「月の木」へ訪れました。とても感じの良い大将のお店でした。とてもおいしかったのは言うまでもありません。番組に紹介された一年くらいは、新規のお客でごった返すそうですが、やっと一年くらいして落ち着いてきたそうです。その方が地元の方にとっては良いですよね。





大分あるある ご当地あるある
あべ由紀子
TOブックス
2018-10-10


府内 厠騒動 1615
水光 心生
海辺の小瓶
2016-03-03


tougouiryo at 2020年07月29日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (新発田城)

 越後・阿賀北(揚北)衆、新発田氏の居城、新発田城(31・新潟)です。押印は平成21年8月16日で、お盆の里帰り次いでの訪問でした。本家が近隣(といっても田舎なので遠いですが)なのですが、高校の時の先生の話では、新発田と近隣との関係は歴史的に微妙なようで、幕末に、他藩が奥羽越列藩同盟でまとまる中、新発田藩は新政府側に与したことが影響しているようです。

 城下町の中心にある公園といった感じの城郭で、表門などは内部公開されていてそこそこ見れるのですが、敷地の大部分は陸上自衛隊の駐屯地のため、なんとなく「端っこだけ」といった印象です。新政府への貢献からか維新後も破却されなかったものの、軍によりしだいに取り壊されたようで、戦後には新潟大学の分校もおかれていたようです。首里城が琉球大学だったことと事情が似ています。

 ほとんどが駐屯地のため、本丸の御三階櫓は、内堀越しか、駐屯地外部から(遠目に)見るしかありません。個々の最大の特徴というと、正面が二つあるといわれる御三階櫓で、最上階の屋根の棟がT字になっている「三方入母屋」と呼ばれています。一説には攻城側が、正面が分からず方向性を失うためなどいろいろ説明されていますが、実際はよくわからないようです。ただの遊び心かもしれません。

 この新発田もそうですが、藩の歴史を知ることで、ご当地のディープな事情が知れるということは少なくありません。奥羽越列藩同盟からすれば、この新発田から新政府軍の切込みが入れられたことで、その後の同盟軍の崩壊につながったとも考えられます。こうした遺恨は現在ではもうあまりないのでしょうが、お年寄りの中では少しは残っているのかもしれません。少し異なりますが、津軽と八戸のぎくしゃく感なども、他県の人には知られていませんが、「青森県」と一括りにされることへの戸惑いもあるようです。

 遠方からの方の場合、こうしたご当地の話題で盛り上がることが出来るのも城めぐりの副産物です。ちなみに新発田から当院まで、通って来られる方もいらっしゃいます。





新潟県 しばたのおかず (郷土の食材と料理)
新発田市食生活改善推進委員協議会
開港舎(販売 ニール)
2010-10-13








tougouiryo at 2020年07月25日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (鹿児島城)

 今回は鹿児島城(97・鹿児島)です。スタンプは平成21年5月28日の押印で、初訪問のこのときは、統合医療の仲間で、屋久島に行く日程の前日に鹿児島に前のりして、仙厳園とあわせて見学しました。
 その後も、東洋医学会の後や、昨年末の統合医療学会も鹿児島城の真ん前が会場でしたので、結構、何度も言っている印象です。複雑な城郭ではないので、すぐ理解できるのですが、少しずつ復元が充実している様子が見て取れます。昨年末は、正面の櫓門の復元が進行中で、建築中の様子を(姫路城の時のような復元工事を公開)みることができました。以前の本では2018年完成予定という記載があったのですが2019年でまだなので少し遅延していたのでしょうか。

 城内には立派な歴史資料センター黎明館があり、そこでスタンプが押せます。学会の隙間時間がたくさんあったので(笑)、十分見学することができました。少し離れたところに西郷隆盛終焉の地があり、その近くに地元の人しか来ないような小さな温泉があり、見学後に入浴もできます。

 背後の城山は、城を見慣れるまではきずかなかったのですが、明らかに詰めの城で、歴史的には城山の城と、その下の居館部分を合わせて「鹿児島城」と称していたのが、詰めの城部分は実質ないことになり、居館部分だけを鹿児島城と称するようになったようです。
 それもこれも、やはり関ヶ原での敗戦に遠慮して、戦闘向きではない居館を居城としたことが原因で、それでいて、いざとなったら背後の詰めの城に立てこもり可能というのがうまくできていますね。

 隣接する私学校跡には西南戦争時の弾痕もあり、さらには宝暦治水で命を落とした方の供養塔である薩摩義士碑もみられます(これはマンガ『風雲児たち』を読んだ人には必見の史跡ですね!)。いろいろと事前の知識があるとかなり楽しめる城郭でした。



NHK大河ドラマスペシャル るるぶ 西郷どん (JTBのムック)
ジェイティビィパブリッシング
2017-12-25


風雲児たち全20巻 完結セット (SPコミックス)
みなもと 太郎
リイド社
2010-11-01


 

tougouiryo at 2020年07月22日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (甲府城)

 武田家滅亡後、甲州の拠点となった甲府城(25・山梨)です。押印は平成23年の7月3日です。以前、ご紹介した武田氏館の前に訪問し、登城後は、ご当地グルメで有名な甲州鳥モツ煮を駅前で食べて帰りました。
 武田関係の城郭が続きましたが、最後の本拠である新府城(ここも関東最恐の心霊スポットとして有名です)を放棄し、滅亡に至ります。その後の拠点である甲府城は、徳川家康の命により築城された城で、天守台のみで、解説書によっては天守は建てられなかったとされていますが、近年の調査では、鯱瓦の発見により浅野氏による天守が実在したとされているようです。

 駅前というより、駅自体が城郭内にあるというアクセス抜群の城です(甲府駅降りなくても甲府城です)。ガッツリ線路が載っているところは三原城と同様です(三原城の方がドーンと新幹線載ってますが)。関ケ原以前の石垣が大量に残っており、分かり易いので、あまり興味のない方でも楽しめる城郭です。
 本丸の門が近年、次々に復元されており行くたびに新しくなっている印象です。現在、本丸にはオベリスクの「謝恩塔」がたっており、山梨に御料林が下賜されたことを記念して建てられたものだそうです。この重みで土台の石垣が少し孕み出していたのが気になりました。
 天守台からは、甲府一面が眺められ、はっきりとはわかりませんが、武田氏館も見えます。天気の良い日はいつまででも見ていられる眺めの良い場所です。天守台自体が、真四角ではなく、変形した五角形のようないびつな形で、どんな天守なんだろうと感じで、安土城も同様な印象だったのですが、それもそのはず、岡山城と合わせて「日本三大ゆがみ天守」というようです。
 
 武田の支配が終わった後で、新たな時代の拠点として、市内至るとこからでも見えるシンボル的な城郭です。豊臣期には浅野氏により徳川への睨みを利かせる城として整備され、徳川期には親藩として将軍の息子が城主となる重要な城でした。
 こうした城ですから、幕末期はどうなったのかというと、重要拠点ですから近藤勇らも甲陽鎮撫隊として当初は甲府城へ向かっていますが、進軍が遅かったため甲州勝沼で官軍とぶつかり一日で壊滅しています。
 そもそも甲府城代は、現地に赴任しないまま新政府側に恭順しており、板垣退助は易々と無血入城を果たしています。ちなみに、板垣退助は源氏であることをアピールして、甲斐入国を前に(ご当地の人気取りのために)乾から改姓しています。これはその後の転戦においても有利に働いたとされ、新政府側の情報操作の巧みさを感じます。また源氏の正統の武士であるという矜持を見せるためにも、自らにとっても大切だったのでしょう。維新政府側の不安な内面の揺れのようなものが垣間見えるエピソードです。

日本の城 改訂版 87号 (甲府城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2018-09-11





tougouiryo at 2020年07月18日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (飫肥城)

 今回は、飫肥城(96・宮崎)です。人吉城の翌日、平成25年6月3日に歴史資料館にて押印しています。宮崎県を日南市までずいぶん南下して運転し、やっと着いた印象でした。後に、鹿児島の志布志城にも行っているので、そちらから逆に回ったほうが良かった、と思うのは現在だからこそです。

 飫肥は、小村寿太郎の生家もある、落ち着いた風情の城下町でした。武家屋敷もちゃんと残っていて、ゆっくりとまわる価値ある町。100名城巡りサイト界隈では、ここにいったら「飫肥天」が定番ということで、食べましたが、まあ土地柄、薩摩が近いので「さつま揚げ」ですね。

 復元された大手門をくぐると、歴史資料館もあるのですが、小学校です。そして奥には中学校。学校と城郭の見事な合体、といったところでしょうか。さらに奥に進むと、真っ直ぐの飫肥スギが静かに立ち並ぶ旧本丸になります。静寂なる癒しの空間でした。この本丸を含め城郭全体が、シラス台地が地盤のためもろく、地震の地割れなどが続き、中之丸の新本丸へ移った跡地といったところです。
 ただここからさらに奥へと本丸を降りていくと、そこには南九州の城郭の特徴といわれる群郭式という独立した曲輪が広がります。つまり従来のご当地の中世山城と、近代城郭が融合した城ということです。前の時代のものを含んで超えていくという感じで、とても興味深い城郭といったところです。

 この城は、宇佐八幡宮の神官の土持氏の築城とされますが、鎌倉時代にここもまた伊豆の伊東氏が地頭として拝領し、土持氏の娘を妻とし姻戚関係を結んだことで強固な同盟関係がなったということです。ここもやはり地元の勢力に、関東からの騎馬系支配層が姻戚関係を結んで長期支配をするという形式ですね(城郭のかたちにもこうした融合の妙を感じます)。
 この後も、島津の侵攻を何度も受け落城の憂き目にもあっていますが、なかなかの処世術で生き残り、幕末まで飫肥藩として伊東氏は生き残ることになるのです。
 このあたりもただの処世術だけではなく、中央との長い歴史上のつながりが秘められているのかもしれませんね(明治期に小村寿太郎を輩出しているのも偶然ではないのかもしれません)。















tougouiryo at 2020年07月15日04:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (高遠城)

 織田に飲み込まれる武田の最終戦とも言える徹底抗戦の場、高遠城(30・長野)です。高遠桜(タカトオコヒガンサクラ)で有名な桜の名所で、旧藩士らが植えたことが始まりといいます。ここも山本勘助縄張りとされる城で、勘助曲輪という曲輪もあります。押印は平成22年7月31日でまだ暑いころでした。つけ汁に辛み大根を使った「高遠そば」を城近くで食べてから登城しました。
 ちなみに高遠そばは、福島にもあり、徳川秀忠の庶子、保科正之の会津藩転封に伴って、そば職人も福島に連れて行ったことにより、かの地に根付いたそうです。ちなみに高遠で高遠そばと呼ばれるようになったのは、会津でそう呼ばれていたのが、平成になってから逆輸入されたものだそうです(ネット情報)。

 高遠城は、秀忠が正室(お江の方)を恐れて庶子である正之と母を秘密裏に保科家に託した場とされ、訪問した際も、保科正之を大河ドラマ主役に!という運動が行われていました。確かに、大河ドラマファンとしては面白いですが、一般受けしなそうですので実現は困難だなあと感じました。幕末ギャグ漫画『風雲児たち』もこの辺りから幕末の会津藩の動きの伏線として描いておりました。

 織田との徹底抗戦の地だけに、籠城の女性まで武器をとって戦ったという逸話(敵方にはらわたを投げつけた武将までいたようです…)と共になんとなく暗い雰囲気が漂っていました。山と川に囲まれた天然の要害だけに八方ふさがり感も半端ない感じだったのでしょう。
 援軍到来を期待しての籠城だったにも関わらず、援軍の勝頼は途中で引き返し、いわば見捨てられた城となってしまったのです。こうしたエピソードもさらにもの悲しさに拍車をかけます。桜という花のどこか悲しげな雰囲気ともまた重なります。
 新府城から一度は出た勝頼ですが、織田に包囲された高遠城には行かず、新府城に火をかけ、岩殿城に向かったものの天目山にて自刃、武田氏は滅亡しました。自ら自刃するのであれば、包囲されていながらも、救援軍を向かわせていれば、少しは歴史の流れも違ったものになっていたのか、とも思いますが…。















tougouiryo at 2020年07月11日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (上田城)

 松代に次いで、真田の城です。といってもこちらは真田の大活躍の場、上田城(27・長野)です。押印は平成21年の4月29日です。GWの時に群馬の職場から、新幹線で上田駅へ向かいました。

 高校生の頃、小説『関ケ原』などを読むと、この上田城の戦いのところは、知略を尽くして多勢に挑む真田の姿が活写されていて大好きでした。小説などでは、色々な策略により、攻城軍を撃退するわけですが、いろいろと縄張りが入り組んでいたり、天然の要害に富んだような印象があったのですが、初訪問の時は、駅からもアクセス良いし、正門となる櫓門から入ると平べったく明るい感じの城なので、少し拍子抜けした記憶があります。
 ただ後日(数年後)車で再度訪問し、崖下(尼ケ淵)の駐車場から上がった際には、崖にそそり立つ難攻不落の城というのが理解できました。さらにその時はVRも充実し、資料館での往時の様子がよくわかる映像もあったので、徳川軍を二度も退けた名城を感じることが出来ました。

 ただ第1次上田城の戦いは定説でわかるのですが、第2次上田城の戦いに関しては、現在では少しひねた見方をしております。
 真田昌幸が3500の兵力で、その十倍以上の兵力を有する秀忠軍を迎え撃ち、結果、関が原本戦に遅参することになったというのですが、それでもわずか一日で昼過ぎには関が原で東軍勝利となっているわけです。であれば、この中山道軍の必要性はなんなのでしょう(ちなみにこの時の拠点が小諸城です)。
 一説では、家康は勝利を確信しつつも、もしもの後詰として、時間差でわざと遅れさせたのではないかという説。本戦で戦闘が展開される中、家康としてはいくら後継者だからといっても、あからさまに参戦させないというのも士気にかかわるでしょうし、本当に秀忠の不手際で遅れたのなら、後継者としての器を疑われるわけで、後にすんなりと第2代将軍に就任したことを考えると、これまた疑問符が付くのです。
 それに対してわざと(いわゆるプロレス)であれば、全国的な勢力図をみながら、本戦の予想外の展開に対しても、対策を立てることができるわけです。また、北方からの侵攻ににらみを利かせる意味もあるという説もあり、こちらの方がどうもありそうに思います。ドラマ仕立てではない、冷静な視点というのも実際の場面からは見えやすいように思います。また医療には特に必要ですが、局所からだけでは見えない、全体からの視点の重要性をあらためて感じます。
 まあ実際は、当時の当人に聞いてみないと解らないのですが、現場に立つとそれがありそうだな、というのが実感でした。親子敵味方にわかれ、攻城側にいた真田信之が、結果として主家の旧領といえる松代を領したという事実も、これを支持するように思えますし。皆さんは、どのようにお考えでしょうか。

 この城は、北東の鬼門除け(隅欠)がとても見やすいのが特徴です。あの合理性をもった真田昌幸でもこうしたまじないを信じざるをえないのです、みたいな解説がありますが、それこそ現代風の思い込みで、当時として極めて普通の作事だったのではないでしょうか。

 広々とした公園といった感じで、二の丸には博物館もありました。現在はさらに施設も充実しているようです。当時は駅の近くの居酒屋に友人とはいり、馬刺しや馬のモツ煮を食べたのですが、これが、十分な下処理がされおらず、そのためか(?)黄色みがかった汁で、現在でも馬のモツ煮はちょっとしたトラウマになっており、上田城というと真っ先にこれが思い出されます(笑)







tougouiryo at 2020年07月04日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (吉野ヶ里)

 今回はお城というより環濠集落、吉野ヶ里(88・佐賀)です。押印は平成26年11月24日、この年の九州攻め最終日でした。100名城になっているので来たのですが、1990年の史跡認定の時に結構話題になっていたので一度見て見たかった史跡でした。
 当時は邪馬台国との関連が報道され、現在でも九州説の候補でもあります。古代史も、城郭同様、コアなファンが多い領域ですので、年中、邪馬台国発見か!?みたいなのやってますよね。

 主祭殿、高床住居、物見やぐらなど復元建物がたくさんあり、歴史に興味がなくても楽しめると思います。青森、三内丸山遺跡もすごかったですが、こちらは高床な分、迫力があります。また、V字に掘られた環濠は深さ3メートルもありこれもすごい。
 城郭の起源という観点からすると、防御の逆茂木などもあり、やはり100名城!といったところでしょうか。銅剣も出てるし、祭殿も立派なので、もうここが邪馬台国でいいんじゃないか(笑)って感じです。

 こうした城の原型に、半島からの土木技術などが混ざって「大野城」のような形態になり、時を経て戦国の山城群が出現する、そして次第に平野におりて、見せる立派な城へと変貌し、「福岡城」「熊本城」「島原城」などができていったと思うと感慨ひとしおですね。それぞれには築城当時の思いなどがあるのでしょうが、時系列で並べてみると、系譜学のように構造的な問題が透けて見えるので、こうした視点も時に必要ですね。
 個別ではなく集団としての視点の大切さ、という点で、四象限の見方(AQAL)の重要性をあらためて感じました。

吉野ヶ里 遺跡はこうして残った
山崎 義次
文芸社
2017-04-28

まぼろしの邪馬台国
余貴美子
2015-05-25






tougouiryo at 2020年07月01日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (小諸城)

 今回は山本勘助つながりで小諸城(28・長野)です。100名城の押印は平成21年7月19日で、前回の松代城を訪問する前に、車で寄っていきました。高校時代、夏期自習のための宿泊施設が小諸にあったので、何度か行っていたのですが、当時は小諸城というより「懐古園」だと思っていました。城だと思ってみるとやはり立派な城で(笑)、どういった「メガネ」でものを見るかによって、これほど変わるものなのだと実感しました。

 城下町より本丸の標高が低い「穴城」で、これも事前に知らなければ分かりません。大手門は2008年に江戸時代の姿に復元されました。穴城というものの、城郭は千曲川に向けて伸び崖となっているため攻城は困難で、さらには城内も断崖絶壁が切り込んでいるため、なかなか迫力のある城です。懐古園なので、児童遊園もあり、動物園もあり、小田原城以上に動物に占拠されておりました(笑)

 小諸藩初代藩主は仙石秀久で、戦国一の汚名挽回をした武将として漫画でも有名です。戸次川の戦いの敗因となって逃げかえり、高野山追放されたが、小田原征伐の折に汚名挽回し、関が原では東軍に与し初代藩主となったわけです。この時の汚名挽回が、以前紹介した山中城の戦いの先陣です。山中城の落城を思いながら、この城をみるとまた感慨ひとしおです。

 ただこの仙石秀久というのも謎で、漫画的なストーリーとしては面白いのですが、本当にそうした人間模様だけで、説明がつくものなのか疑わしいですね。この人が明智光秀同様、土岐の流れであることも見逃せません。この人の経歴をある意図をもって行動したと考えると、また歴史の妄想が展開されて面白いでしょう(個人的には大分の戸次川から讃岐(香川県)までの壮大な退却は何とも怪しいと思います)。

 いずれにせよ、うどん県まで逃げ帰ったのちに、小諸そばで藩主ですから忙しい人物であるのは間違いありません。ちなみに訪問時は、そばを食べてから、松代城へと向かいました。


日本の城 32号 (小諸城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2013-08-20








tougouiryo at 2020年06月27日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (福岡城)

 福岡の街中にある城、福岡城(85・福岡)です。押印は平成26年11月23日、大野城訪問後、急いで臨床検査医学会に参加してからの訪問でした(いつもながら遠方の城巡りはバタバタです)。スタンプは古代の迎賓館といわれている「鴻臚館」跡の展示館にて押印しました。
 鴻臚館の遺跡は、その上にすっぽりと覆屋を建てた大規模なもので、福岡城と合わせて二重の国指定史跡であり、全国的にも珍しいそうです。城自体は天守がないため派手さには欠け、大きな公園といったところでしょうか(実際、舞鶴公園という公園です)。訪問時は「官兵衛」ブームでガイダンス施設なども充実しておりました。

 古代から鴻臚館がある非常に歴史ある地で、かつ、商業都市である博多を取り込む形で黒田長政が築城しました。貿易においても重要な位置を占め、歴史的にもフィクサー的色彩の強い黒田氏の中心地です。明治以降も大きな影響力を有する福岡藩関係ですから、鴻臚館と重なって建てられるというのも何か意味があるのかもしれません。
 隣接して、かつての博多湾の入り江「草ヶ江」を埋めたて城の大堀とした「大濠公園」があります。白く長い橋が島を中継して池の両端にかかる景色がとてもきれいな公園で、ここで時間をつぶしてから、博多で「水炊き」を食べました(佐賀への帰りの高速道が慣れないドライバーにはとても怖かった記憶があります…)。

 大きな天守台がある割には、天守があったという記録はないようですが、細川忠興の手紙に天守があったとする記載もあり、詳細は不明なようです。現在みると公園ですので、よくわからないのですが、築城当時は、かの熊本城主、加藤清正が「自分の城は3、4日で落ちるが福岡城は30日、40日落ちない」と語ったとされ、水堀を巧みに配した巨大な城郭だったようです。
 いずれにせよ博多を押さえるという意味は、黒幕である組織から、黒田に与えられた大きな使命だったことでしょう。そんなことを考えながら中州へ行きました(笑)

日本の城 改訂版 108号 (福岡城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2019-02-05


甦れ!幻の福岡城天守閣
佐藤 正彦
河出書房新社
2001-07T








tougouiryo at 2020年06月24日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (松代城)

 武田VS上杉の川中島の合戦での海津城がベースになっている松代城(26・長野)です。押印は平成21年7月19日です。長野駅近くに宿泊し、善光寺参りと合わせての訪問でした。川中島古戦場も近在にあり、城からは謙信の布陣した妻女山も望めるので、川中島合戦に興味ある方には、その地形も含めて楽しめると思います。

 復元された太鼓門や櫓台の石垣など見どころもあるのですが、当時はそれでもさっぱりとした印象でした(本丸内部はがらんとしていましたので)。同じような印象を持つ方もネットでは多いようです。ただ年々、整備が進んでいるようですので、現在は少し違っているかもしれません。近くには真田宝物館やエヴァンゲリオンでも有名な松代地下壕もありますので、お時間ある方は結構楽しめるようです。私は時間の関係で、城だけで、周辺施設は未訪問です。

 武田信玄好きにはたまらない山本勘助築城とされる「海津城」ですが、信ぴょう性は?といったところで、後に上杉支配下となり、森忠政を経て、松平忠輝により「松城」と改名、最後に真田信之により「松代城」となりました。武田からいろいろあって、最後は武田系の真田に戻ったわけですね。

 この真田についても歴史小説好きの方からするといろいろなドラマで語られますが、実際はどうだったのでしょうかね。関ケ原で親子が敵味方に分かれたにもかかわらず(つまり親族は敵方)、そのあと幕末まで真田家は、かつての主君の関連する土地で家名を継続、そこから佐久間象山を輩出、さらには本土決戦最後の拠点とされる松代象山地下壕、といろいろ歴史のカギとなるものが続出なので、何か真田家のウラを感じてしまうのは私だけでしょうか。歴史の地の訪問はこうした妄想が、よりリアルに感じられるのもまた魅力に思います。

 帰りには長野出身の人のおススメで、すき亭のすき焼きを食べて帰りました。これもまた城めぐり大きな楽しみの一つです。




あっぱれ松代城
松代春香
日本クラウン
2010-02-24



tougouiryo at 2020年06月20日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (大野城)

 大宰府古代山城群の中心的役割を担う大野城(86・福岡)です。押印は平成26年11月23日、県立四天王寺県民の森管理事務所でスタンプを押しました。

 いわゆる戦国・安土桃山の城とは異なり、白村江の戦いの敗北を機に、唐・新羅の侵攻に備えた古代の城で、巨大ですごいのですが、あまり整備されていないので見ずらいです。案内書なども県民の森の遊歩道の図みたいなのを頼りに行かなくてはならず、山城への入り口も分かりにくいです(現在では少し改善されているかもしれませんが)。以前。ある雑誌で城好きドクターが、好きな城としてここを挙げていたのですが、他の選択肢と合わせると「?」という感じです(行きにくい100名城に来たぜというアピールにはなると思いますが…)。
 岡山・鬼ノ城と築城目的が似ており、その規模の大きさも当時の政治状況から考えると納得の古代山城といったところでしょうか。いずれにせよ、白村江の敗戦による半島からの攻撃に対する恐怖が、そのまま城郭規模の巨大さにつながったような当時の心象を、時を超えて感じることが出来ます。
 ただ鬼ノ城と比べると、大野城は復元なども行ってないので、山中を案内図片手に、礎石や石垣を訪ね歩くといった感じです。
 回っているときは把握できていなかったのですが、後で調べてみると、博多湾から上陸された場合、水城とこの大野城、さらには南方のキイ城とで内陸にある大宰府を囲んで防衛している様子がよくわかります。

 百済からの亡命貴族の指導により築城したということですが、とにかくこの時代にここまでの規模の城があったというのは素直に驚きです。加えて、内部の水はけの必要から築かれた石垣群は、百間石垣を代表としてかなりの見ごたえがありました。
 帰路に、令和となって急に脚光を浴びた太宰府天満宮に立ち寄り(この当時は「令和」ブームになるとは予想だにしませんでしたが)、飛梅などを見学し参拝してから、学会場のある福岡へと向かいました。水城は時間がなく、訪問できませんでした。




 

tougouiryo at 2020年06月17日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (武田氏館)

 言わずと知れた信玄公の躑躅ヶ崎館、武田氏館(24・山梨)です。押印は平成23年7月3日で、初訪問の時はいかなかったのですが、その後、詰めの城である、要害山城と合わせて何度か訪れました。要害山城は温泉に駐車できるので、ハイキング、城めぐり、温泉と合わせ技でとても良いところです。ちなみにこの詰めの城は武田信玄生誕の地、です。そして館は現在、武田神社です。

 甲府の駅に降りると、さっそく武田信玄公の像があり、さすが甲府といった感じ。駅前の甲州地鶏の焼き鳥屋に何度か行きました。駅から緩やかな坂をひたすら上り、武田神社に到着します。足利氏館同様、居館形式の単純な構造ですが、室町将軍邸である「花の御所」を模して建造されたそうです。

 神社だと持っている人には神社にしか見えませんが、水堀や土塁などもしっかりとあり、立ち入り禁止区域ながら「天守台」もあります。ただしこれは豊臣期のものらしいですが。また曲輪もいくつかありますが、これも武田滅亡後に増設されたものだということです。いずれにせよ、その目で見るとなかなかに城郭っぽい構造を認めますが、神社だとしか見なければそのようにしか見えないかもしれませんね。

 入り口前には土産物屋があり、信玄餅アイスみたいなのを食べました。夏だったので、えらい暑かったのを記憶しています。

 よく信玄の言葉として「人は石垣、人は城」といって、だから信玄は館だけで城を作らなかった、と説明されることが多いのですが、居館の奥に詰城があって、これだけ立派な居館があるのある形式は、信玄が城を作らなかった、というのとは違うと思います。これは城好きの感覚からすれば当たり前で別に信玄の言葉を特別視するほどのこともない、戦国大名としては常識的なように思います。
 これに似てると思うのは、薩摩の島津による鹿児島城で、薩摩藩が結束が固かったので、守備を強める必要がなかったというのですが、背後の城山が詰城なのでこれもそれほど例外的ではないように思うのです。実際に訪問することで、いろいろと解説書とは違う感想を持つものです。











tougouiryo at 2020年06月13日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (佐賀城)

 2004年に立派な御殿が復元された佐賀城(89・佐賀)です。押印は平成26年11月22日で、肥前名護屋城から呼子をまわり、訪問時は閉館時間ぎりぎりでかなり薄暗くなっていた記憶があります。

 佐賀駅からもいける町中の城といった感じ。龍造寺の居城である村中城を、家臣の鍋島直茂が改修拡張した城で、活躍した家臣により最終的には藩ごと簒奪されたという城郭です。
 立派な天守台ときれいな復元御殿が印象的でしたが、ぎりぎり押印に間に合った、とういった感じでばたばたと見学しました。門扉には佐賀の乱の銃撃戦による弾痕もあり、訪問時は、幕末の名君鍋島閑叟の特別展が本丸歴史館で開催されていました(明治天皇御愛蔵の閑叟の書、初公開でした)。

 佐賀城の前身である村中城の戦いは、訪問当時はあまりよく理解していなかったのですが、その後、城めぐりアプリの合戦イベント「今山の戦い」で体験することができました。ちなみにこの時は龍造寺軍で勝利しました(笑)
 実際の戦闘では、村中城にこもる龍造寺軍5000は、そのほぼ10倍の兵力で攻める大友軍が総攻撃の前夜の酒盛りをしているという情報を得、未明に本陣の今山を急襲。これにより大将を討ち取り大友軍は撤退となったという戦いです。
 これにより龍造寺は勢力を拡大しますが、結局はその家臣である鍋島により佐賀藩が成立します。皮肉なようですが、この奇襲戦の要である前夜の酒盛り情報を伝えたのも鍋島直茂ではあるので、それ以前の活躍と相俟って仕方ないことなのでしょうね。(直茂の優秀さを見越して慶詁瑤浪反辰慮綺覆貌ったということなのでしょう)

 また明治になってからは不平士族を束ねた江藤新平による「佐賀の乱」の舞台となり、近代戦も経験しています。ただし、新政府大久保卿により佐賀城を攻略され、あっけなく平定されています。まあ、この佐賀の乱も謎の多い反乱なので、そもそも江藤新平に反乱する気があったのか、ただ下野しただけなのではないかと疑問視する声もあるほどです。ただしその結末が、初代司法卿にして「さらし首」、というあまりのインパクトです…。

 城郭は御殿中心のさらっとしたものですが、そこをめぐる歴史が奥深いお城でした。佐賀に来ることもなかったので、この辺りの歴史をしる良い機会になりました。福岡の検査学会に参加するための旅行だったのですが、当時、スマップのコンサートと重なってしまい福岡のホテルが軒並み取れず、その分の宿泊も全て佐賀だったので、ずいぶんと長く滞在した印象です。





江藤の首を晒せ―実録・佐賀の乱
光武 敏郎
葦書房
2000-10T


漫画 鍋島直正
梓書院
2018-02-27


tougouiryo at 2020年06月10日06:00|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (小田原城)

 小田原攻めの攻城をここ数回取り上げてきましたが、いよいよ小田原城(23・神奈川)です。100名城の押印は平成21年6月29日です。

 当時、スタンプラリーが始まってそれほど経っていないにも関わらず、訪問者数の多さから既にスタンプが劣化してしていました(現在は復活しているかもしれませんが…)。本丸は、当時は遊園地というか公園化されていて、動物園のような感じで、象までいました。小諸城も同様に動物園になっているので、一時期の城郭の利用法として盛んだったのでしょう。一頭だけの象、それほど観客もいなそうで、なんだかとても寂しそうでした。それから、しばらくしてニュースか何かで、(記憶が曖昧なのですが)その象の死亡を知りました。

 訪問の際、「ういろう」屋さん(といっても「薬」です)によって、薬の「ういろう」を買いました。漢方薬局が併設されていて、ちょこっとのぞいたところ、薬剤師さんが一人いて漢方の処方をしているようでした。どのような処方の方法なのか知りませんが、歴史ある場で漢方処方が出来る、というのはなかなかうらやましい環境だと思いました。

 銅門や馬出門などが復元されていて、子供の頃に来た印象とは少し違っているなあ、と感じました。1997年の復元で、かつてを偲ばれる立派な門でした。三重の天守は1960年に鉄筋コンクリートで復元されたもので、明治期まで残った関東の天守としては、この小田原城が唯一ということです。この近世城郭は、豊臣の包囲したものとは違っておりますが、近くにある秀吉による一夜城からこの天守を見ると(とても小さいですが見えます!)、これまでの落城した諸城を思い、実に感慨深いものです。

 総構という、町ごと土塁や空堀で囲い込む壮大な防御設備により、鉄壁の守りを貫いていた小田原城でしたが、これもやはり豊臣の大兵力を前にしては、勝敗は戦う前には決していたも同然です。兵力に加え、周辺の北条方の諸城を、特に要となる城郭を徹底して落城させた秀吉の戦法は、心理戦としてもかなり有効だったようで、八王子城落城などはかなり主戦派の心を挫いているようです。何事もその設備だけでなく、そこに関連する無形の心理状態などが大きく影響することを教えてくれています。

 小峰の大堀切や稲荷森総構掘など、当時の総構の遺構は、残念なことにまだ未訪問なので、ぜひ機会を見つけていきたいものです(この記事を書いている時点では非常事態宣言中なのでいつになることかわかりませんが)。

 小田原攻めに関連する城郭をいくつか見てきましたが、実に作りこまれた見事な城郭も、歴史の流れという大きな濁流には全くの無力といった感想を持ちます。我々は、細かな対策や作戦を立てることで眼前のリスクを何とか減らそうと試みます。これが奏功することもありますが、常に思い通りにいくとは限りません。あらゆる取り組みが意味をなさないことを覚悟する、という状況もまたあり得るわけです。ハーバード教育学研究所のロバート・キーガン博士は、次のように述べています。

 こうした状況においては、私たちが問題を解決するのではなく、問題が私たちを解決するのである。







日本の城 46号 (小田原城) [分冊百科]
デアゴスティーニ・ジャパン
2013-11-26







tougouiryo at 2020年06月06日05:30|この記事のURLComments(0)

お城へ To Go (名護屋城)

 今回は、尾張名古屋ではなく、佐賀の名護屋城(87・佐賀)です。押印は平成26年の11月22日です。佐賀駅前に宿泊後、唐津城を少し見てから訪問しました。立派な建物の県立名護屋城博物館の敷地内にあるような形で、駐車場も含めよく整備された城跡でした、が…。

 将来的な明の征服を念頭に、朝鮮出兵の前線基地として築城された豪華な五重天守だったといわれます。秀吉死後は、廃城とされ唐津城に用材転用され、島原の乱以降は、反乱軍の拠点にならないように徹底的に破壊されたようです。まさに朝鮮出兵を目的にした短期間の「幻の城」といえるかもしれません。それでも当時の規模は天守台などの遺構から十分伝わってきます。玄界灘に面した天守台からは、広々とした海が見え、晴れた日には対馬まで望めるということです。
 広々とした全域は非常に見学しやすい形で整備され、博物館の模型からもその全体像の壮大さが伝わってきます。(このようにとても整備された城跡だったのですが、あまり城巡りのサイトなどでは指摘されていませんが、城主である秀吉の出兵に対しての博物館の解説・解釈が一方的なように感じたのが今でも印象的に残っております…)

 また、この城は本体となる城に加え、周辺に130もの陣跡が広域に点在していることも一つの特徴です。まさに戦国武将勢ぞろいといった感じで、各々の陣跡が周辺マップで回れるようになっています。一つ一つは「陣」ですからそれほど大きくないのですが、これほど「密」に戦国武将オールスターそろい踏みとなる史跡はここだけでしょう。とてもすべて回れないので、徳川家康や前田利家などの主だった武将のところだけ回りましたが、時間があれば、ゆっくりまわりたい名所です。国を挙げての一大出兵であり、これを機に豊臣政権が揺らいでいったのも理解されます。

 そのあとの城めぐり予定や、この近くの「呼子のイカ」が食べたかったので、早々に切り上げざるをえませんでした。ちなみに、期待していった呼子のイカは、当地では団体旅行御一行様向けの大きなお食事処が多かった印象です。私も、大きなホールようなお食事処でイカ刺したべました。ちなみに、佐賀駅近くの居酒屋でも「呼子直送!」のイカ刺し食べられたので、現地に赴く必要ないのかもしれませんが、やっぱり気になったので…。

 豊臣政権最後の大イベントの舞台、肥前名護屋城。歴史的事件を体感するにはもってこいの城跡といったところでしょうか。これほどの大きな動員力を有した政権が、ほどなく倒れていくと思うとなんとも感慨深いですね。ちなみに、秀吉がこの城に滞在期間中が、大坂の淀君の受胎時期と重なるというネタもよく話題になりますね。













tougouiryo at 2020年06月03日06:00|この記事のURLComments(0)