ファッシア論

ファッシアとインテグラル理論の「ヒトのからだ」への展開

 「ヒトのからだ」勉強会の前なので、追加情報を記載しておきます。

 メモ的な仮説ですので、興味ある方は、勉強会の折にでも質問してください。三木解剖学からみたヒトのからだと、これまで解説してきた「ファッシア」、精神・意識論としてのウィルバーの「インテグラル理論」との関連を備忘録的に記載します。

 三木の総論において、アリストテレスの四階建ピラミッド(人・動物・植物・四大)が解説されていますが、この中でプシケのあるもの(生物)とないもの(無生物・四大)ということで、西洋では完全に壁によって隔てられているとされています。そして現代医学では、ここでいう生物でさえも次第に「生」が失われ無生物化しつつあると警鐘を鳴らしています。(解剖学が骨学からはじまるのはそのためだと三木は述べています)
 対して東洋では、この壁が取り払われ、同一線上に並べる思想(陰陽五行説)により、すべての要素が「生」を保っているといいます。ここに三木が東洋医学を礼賛する理由があるのでしょうが(晩年の三木は鍼灸師の資格を取ろうとしていたという発言もあります)、これを解剖学的な構造に結び付けることも可能に思います。それが「ファッシア」の概念です。当時の解剖学としては、まさに「除去すべきもの」だったファッシアが、こうした論の流れに登場するというのは三木にとっても意外に感じられるのではないでしょうか。

 動物系は、感覚ー実施という神経を基盤にした、いわば電気信号ベースの情報です。そして植物系は、食物から得られる栄養素、つまり化学物質といえる物質です。では四大のところは何か。まさに物理的な「力」です。つまり、押されたら、その圧力(剪断力、張力)など力学的な力が、その内部に伝わります。これは生物でもそうでなくても、共通です。その意味で、無生物としての生物への影響となります。こうした力学的影響を伝達するのがファッシアであるのはいうまでもありません。つまり「皮膚ーファッシアー内蔵(これは内部臓器に限らず筋肉などいわば「内蔵」されたもの全て)」の伝達路により、外側から内側への情報の流れとなります。これの仮想的なルートが「経絡」となるわけですし、整体やカイロ、あらゆる徒手技法の基本となりうるものです。
 それゆえに三木の言う中心的な役割のものとしては、動物系の神経系、植物系の循環系、さらにその基盤にファッシア系があると位置づけられます。この観点で、三木解剖学を読み返すとまた新たな解釈が可能ですが、ここではとりあえず、ここで議論を止めます。

 そして視点を転じてピラミッドの頂点、つまり人(理性)のところを文字通りに解釈するのではなく、多元的な「インテグラル理論」によって解釈してみます。これにより、社会的な視点との接続、社会の構成員との多元的な関係、などいわゆる社会システムとの理論的な連携がとれる理論に展開できます。ちなみにウィルバー自身、素粒子から人間社会までの一つのシステムとしての捉え方には否定的ですので、それに対しての回答のようなものにもなると思います。
 まあ現段階では思い付きですので、また、機会あるごとに解説してみたいと思います。今回はここまで!


生命の形態学―地層・記憶・リズム
三木 成夫
うぶすな書院
2013-12T


tougouiryo at 2020年08月20日03:00|この記事のURLComments(0)

自律神経について少し考えたこと

 前回に引き続いての内容です。ファッシアについてもう少しメモしていきます。

 『筋膜マニュピレーション』では、ファッシア(筋膜)の基本原理として、o-f(臓器筋膜)単位、a-f(器官筋膜)配列、システム、の3つに分けて考えていました。
 このうち「o-f単位」は、臓器単独の筋膜との関係性で、張力棒でシートを広げたような「引張構造」を基盤とし、局所的な関連痛の説明として用いられていました。いわば臓器による局所的な筋膜への影響です。体幹部を、頸部、胸部、腰部、骨盤部の4つの腔に分け、そこに引張構造で吊るされた臓器が、局所的な症状を及ぼすというわけです。
 ここではさらに、交感神経、副交感神経の腸内システムとして、各臓器における神経叢単独の影響を示しています。つまり腸神経として、中枢とは別に独自に作用する系でもあり、後に交感・副交感との連絡を持つようになるというわけです(この視点は従来の自律神経の解説ではあまりみないところ)。

 「単位」の考えを受けて、その連なりとしての「配列」です。配列は、内臓配列、血管配列、腺配列、受容器配列から成り、金門橋のような橋げたを有する吊り橋構造の「懸垂線(カテナリー)」を基盤として説明されます。遠位の関連痛を説明する概念として用いられています。前の記事で書いたように、器官として説明されますが、あきらかに経絡との整合性を意識したものだと思います。なので、逆に言えば、経絡的な(鍼灸的な)理解で良い、とも言えるでしょう。無理にカテナリー的な概念を入れなくても(入れてもそれほど難しくはないのですが)経絡への負荷という視点からでも理解できるように思います。また、経絡の概念が、思っている以上に西洋医学的に理解できるので結構すっきりします。

 そして3つ目がシステム(系)です。幅広く浅筋膜全般における関連を示しており、具体的には免疫系、代謝系、体温調節(皮膚)系、心因系とざっくりと分類できます。皮下組織として括られる場で、皮膚構造そのものを扱ってもいるので、3つの中では一番分かり易いのではないでしょうか。
 これらの3つは診察のポイントとしても分かり易く、ファッシアを意識した診療がやりやすくなりそうです。

 これらのファッシア的な視点だけでなく、この本では自律神経全般を考えなおす良い機会にもなりました。ファッシアが内臓への影響を及ぼすとすると、その理論的な基盤は、皮膚や血管を基礎にした交感神経系が重要になります。つまりファッシアは交感神経を介して、神経節から内臓に影響することになります。その神経節がただの交感神経のシナプス交換の場だけでなく、いわば小さな脳として機能するというのです(筋骨格系における筋紡錘の役割としています)。
 当然、従来の自律神経のテキストにはそうした説明はありませんから、これまでとは違った斬新な自律神経に関する解釈を必要とします。この本では、自律神経の特徴としても有名な相互に拮抗的な二重支配的視点は、自律神経系において本質ではないとする立場がとられます。確かに、従来の自律神経の解釈を変更することで、よりファッシアの臓器への影響を記述しやすくなると感じました。

 こうした自律神経についての考え方の変更は、この分野に限らず、話題になったもので言うと「ポリヴェーガル理論」などが代表的ではないでしょうか。これまでの交感・副交感のシーソー的関連ではなく、迷走神経を有髄と無髄とに分類し、不動化などのいわばマイナス的なものを「背側」とし、社会性を有するものを「腹側」とするというものです。これにより、これまでの副交感によるマイナス面の解釈が分かりやすく、臨床に適合したものとなりました。

 これらの例からも分かるように、これまでの自律神経の説明には無理が目立つようになってきたように思います。シーソー的な拮抗関係は説明としてはスマートなものの、あまりに臨床的な例外が多く、実臨床を行うものとしては不便といわざるをえません。それでも学生向けの教育などでは、分かり易いなどの長所も多いので、これからもある程度は継続していくのでしょうが、実際には、大きな概念のモデルチェンジが行われることでしょう。
 これは物理学における古典力学と量子力学的な関係に近いのかもしれません。こうした例からも「分かり易いモデル」というのはそれだけで大きな「盲点」を生み出しやすいということが分かりますね。通常医学といわれるものでも大きな変革を迎えつつあるのかもしれません。




tougouiryo at 2020年07月13日05:00|この記事のURLComments(0)