こちらの医学

こちらの医学の構造メモ

 「こちらの医学」の構想、立ち位置のようなものを以前書きましたが、今回はその具体的構造のようなものをメモ的に書いてみたいと思います。あくまでも備忘録的なものですので、興味ない方はスルーしてください。

 こちらの身体にかんして、成分と構造の2方向を想定します。成分はいわゆる「栄養学」にあたります。近年関心の高まる疾患別の臨床栄養学的な視点というよりは、元気にやる気が出てくるいわば健康的な主観を持てるような栄養素の摂取とでも言えるでしょうか。

 構造については、ファッシアを軸として、外側から「皮膚・ファシア・内臓」の三層に分けて考えてみます。内臓についての異常は、従来の医学で十分記載されている領域ですので、むしろ「あちらの医学」といえるものです。皮膚に関しても一種の独立した臓器ととらえた場合は内臓的ですが、ファッシアの被覆ととらえることも可能です。筋膜マニュピレーションの領域では、全体を司るシステム系としてファッシア装置の統括システム的な捉え方をしているようです。

 これに対して、ファッシアは、従来の経絡や漢方の診察技法(腹診・背診等)やマニュピレーション技法の基本的な構造として捉えられます。局所的な圧痛とO−F装置、経絡とAーF装置、腹診における心下痞硬や胸脇苦満、鼠径部の圧痛等の症状の、背部との関連などがこれを示唆しますが、一つ一つの論証は面倒なのでここでは述べず、別の機会に譲ります。
 いずれにせよ、ほぼ東洋医学をはじめ代替医療や伝統医療の全領域をカバーすることが可能ですので、こうした軸を中心に理論構成していくつもりです。

 ほぼ全領域と書いたところで、自分で気になったのですが、当然、ここには含まれない、「やってくる」的な不可知の領域も当然あります。無分別知の領域といってもよいかもしれません。仮にここでは「無形の医学」「無分別知の医学」とでも呼称しておきましょう。ホメオパシーやフラワーエッセンスなどの体系を有するものや、複雑系生命論なども組み入れても良いかもしれないし、当然、スピリチュアリティで取り扱う幅広い領域を入れても良いでしょう。あくまでも分類ですので、妥当性はこの際は考えません。

 メモ的なものですの、今回はこの辺りで…。

tougouiryo at 2020年11月15日17:16|この記事のURLComments(0)

「こちらの医学」の提唱

 明日の統合医療オンラインに先立ち、このブログでも時折書いている統合医療の話題と、ケン・ウィルバーの「インテグラル理論」との関連について、資料的に書いてみたいと思います。(ある程度インテグラル理論の理解が前提ですので関心のない方はスルーしてくださいませ)

 四象限といわれるクアドラント(さらにそれを内外に分けた8領域)において、ジャングルカンファレンスに代表される相互関係を基盤に展開される取り組みは「We」(左下象限)の領域として理解されます。これに対して、今回の可視化理論は社会的な統合医療の在り方を再確認する目的ですので、「Its」(右下象限)の領域の話題になります。

 ここから内外側の区別を考慮にいれると、「I」左上の内・外側、「It」右上の内・外側と4つに分類します。そもそも通常の医療・医学は、客観性を重視したものであるので、「It」(右上)のなかでも、特に外側となります。この時内側は、インテグラル理論上はオートポイエーシス、ないしは認知科学が当てられれています。
 つまり客観的な言葉で表現された内側からの視点ですから、認知科学や心理学・精神医学(一部)の領域が当てはまることになるわけです。

 では左上領域はどうでしょう。「I」という主観からの視点で、内側は「現象学」、外側は「構造主義」が理論上は当てられます。昨今の医学理論とあわせると、内側はNBMといってもよいでしょう。
 では、その外側はどのような領域なのでしょうか。「構造主義」とあるように、自らの主観が、そのようになってしまう、という環境の設定(構造)です。もっというと、心地よいと感じることが出来る身体の状況をどう設定するか(どのような構造においてか)、といっても良いかもしれません。

 従来の医学理論としてのEBMは右上外側、NBMは左上内側と、互いに交わりがなく(それゆえに車輪の両輪に喩えられます)、また、8領域におけるそれ以外の領域が未踏の地となっています。ここ、つまり左上外側と右上内側を、意識的に中心に据えた医学があるとすれば、かなりこれまでの医学とは違った視点を得ることが出来るというわけです。
 自らの心の葛藤を客観的な言葉で整理し(右上内側)、心地よい状況を身体に展開する(左上外側)という医学ということです。

 これは従来の医療との違いは、症状を細かく記載して対症療法を行うといういわば「検察」的な役割ではなく、こちらの味方になって一緒に援護してくれる「弁護士」的な役割ともいえそうです。こうした立場を、「こちらの医学」と称してみたいと思います。外側(あちら)から「差異」のみに注目しようとする従来の医学とは違う、「こちら」発信の医学という意味合いです。

 ちなみに、こうした考えを、先ほどの左下象限に適応すると、外側はジャングルカンファレンスやオープンダイアローグなどの仕組みや構造、内側は、ダイアローグ内における内省、もしくはリフレクティングそのものといってもよいかもしれません。そして(これが一番わかりにくいのですが)右下象限では、外側はシステム論で、これが今回のテーマである「可視化」に関連するものになります。

 そして内側は、ウィルバー自身もうまく説明できていないように思うのですが、社会的オートポエーシスと表現しています。たしかに社会システム内部なので、そうなのですが、ここは社会内部からの視点として、いわば歴史的な視点が近いように思います。歴史物語風ではありますが、より深く真相に達した視点というべきでしょうか。「歴史洞察」と表現しても良いかもしれません。つまり同時代人の視点とでも表現できるでしょうか。

 ざっとメモ的に、ジャングルカンファレンス、統合医療可視化モデル、EBMとNBM、との関連と、そのニッチにおける「こちらの医学」の概略を述べてみました。さすがに何のことかわかりにくい内容ですので、ご興味ある方は、明日のZOOM講座にてご質問くださいませ。




 
tougouiryo at 2020年11月05日09:28|この記事のURLComments(0)